2016年09月23日

与論島観光をお得に!ヨロンプレミアム電子商品券と九州ふっこう割を活用しよう。

 JTBは、平成28年9月23日(金)10時より、与論島内の観光施設や商店などの対象施設で使用が可能な20%分のプレミアム付き商品券の電子版「ヨロンプレミアム電子チケット」の販売を開始します。JTBが運営するスマートフォン専用おでかけ電子チケットの販売サイト「PassMe!」にて購入が可能です。鹿児島県は、現在、大人気の九州ふっこう割でお得に宿泊ができますね。ふっこう割の適用が効かない観光施設やお土産購入の際に電子チケットを利用することで、ますます与論島への観光がお得になります。ちょっと残念なのはリリース直後ということもあり、利用可能な施設が10ほどらしいです。今後、拡大予定とのことですので期待も含めて購入から利用方法までを紹介します。

yoron_denshi_ticket.png

 現在、一般的な紙の商品券については、
・利用施設側での精算業務の負荷が大きい
・商品券の印刷や管理にかかるコストが大きい
・利用データの収集が難しい

といった課題があります。与論島では、それらを解消すべく電子化になったわけですが、スマートフォンの利用者拡大とともに今後多くの自治体で電子化の動きが活発となり、主流になるかもしれませんね。

 電子チケットは、与論島地域通貨「STAR」を購入することになります。400STAR券(400円相当)×6枚分が1冊で、販売価格が2,000円ですので、1冊あたり400円分お得になります。一人当たり10冊分まで購入可能ですが、与論島内で来年3月末までしか利用できない通貨ですので使う予定もないのに購入しないようにしましょう。(払い戻しもできません。)

以下、ヨロンプレミアム電子チケットの詳細です。

【販売対象】
 与論島への観光客など

【販売開始日】
 平成28年9月23日(金)10時〜

【販売期間】
 平成28年9月23日(金)〜平成29年3月31日(金)

【利用対象期間】
 平成28年10月1日(土)〜平成29年3月31日(金)

【販売金額】
 1冊2,400円分(400STAR券×6枚)を2,000円で販売(プレミアム率20%)

【販売総数】
 50,000冊

【購入上限】
 1人10冊まで購入可能(24,000円分を20,000円で購入可)

【利用対象施設数】
 10施設 ※今後で拡大予定あり

【利用方法】
1.販売サイト「PassMe!」にてヨロンプレミアム電子チケットを購入
2.スマートフォンを持って対象施設へ
3.スマートフォンで利用したい施設を表示し、決済したい金額を選択
4.施設側で金額を確認し、電子スタンプにてスマートフォンの画面に押印して決済完了

〇決済スタンプのイメージ
kessai.png


鹿児島県のふっこう割の特集ページもあります。
>>>鹿児島ふっこう割の特集記事へ


 宿泊の際には第2期九州ふっこう割をご利用ください。
dai2ki_list.png





posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 注目の旅行情報(2018年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州ふっこう割長崎宿泊券(コンビニ販売)の当選確率をアップ!申込枚数・使い方を考えよう!!

【コンビニ宿泊券抽選倍率情報】九州ふっこう割ながさき宿泊券第1期分を含め、九州ふっこう割コンビニ宿泊券の当選確率についてはこちらの記事でお伝えしています。

 平成28年7月8日(金)〜11日(月)の間で申込受付(WEBまたは電話)が始まる九州ふっこう割ながさき宿泊券(長崎プレミアム付き宿泊券)、このサイトで既に紹介した通り一人最大6枚まで申込が可能です。額面5,000円券が2,500円で販売されますので一人額面30,000円分までということになりますね。宿泊施設での利用制限も同様、一人につき一泊6枚までとなっています。申込者が多数いた場合は、抽選となり当選者にのみメールかハガキにて通知が来ます。通知を持って近くのセブンイレブンまたはファミリーマートで宿泊券と引換という流れです。当たり前ですが、通知はぜひとも届けてもらいたいものです。

kyusyu_nagasaki00.png

長崎宿泊券の当選確率をアップさせる方法とは?
 家族旅行や友人・恋人との旅行を計画されている方は、全員で申し込む。これだけで当選確率アップです(^^♪。特に家族旅行であれば、一緒に行くなら例え幼稚園児であっても申込可能です。複数名当選したときは、使いきれるなら宿泊券と引き換えれば良いですし、不要であれば引換をしなければ問題ありません。

 とはいえ、旅行に行かない人の名で申し込むのは御法度です。「宿泊券の利用は、当選者が同伴された宿泊の場合に限る」と規定されています。

宿泊券は宿泊代以外の支払いに使えない?
 食事付き宿泊プランを申込みされている場合、宿泊代と同時精算が可能であれば、食事の際に頼んだ追加の料理やビール・ジュースなどのドリンク代についても宿泊券で支払うことが可能です。ただし、同時精算できてもエステやお土産代などについては宿泊券は使えません。(エステ付き宿泊プランを申込みしている場合は、支払いが可能です。)要は、購入(申込み)した宿泊プランに付いているオプションであれば宿泊券が利用できるが、それ以外は利用できないということです。食事の際の追加料理・ドリンク代が唯一認められているのは、長崎県の粋な計らいというところでしょうか(^^♪。(ちなみに大分県の宿泊券については認められていません。)

例えば宿泊券8枚(4万円分)欲しい時どうするの?
 宿泊券が4万円分欲しいという場合、どのように申込みするのが良いか迷いますね。2人で上限の6枚(3万円分)づつ申込み2人とも当選したら6万円分となってしまいます。かといって4枚(2万円分)づつ申し込むと2人とも当選したときは最高ですが、1人だけ当選した場合、「あ〜6枚申し込んでおけばよかった〜」ってなりますよね。ここがかなり微妙なのですが、宿泊券は申し込んだ枚数全てを引換するか、全くしないかどちらかになるそうです。6枚申込み、4枚だけ引換ということができません。諦めるかいっそのことさらに豪華なプランを予約するか(^^♪。このあたりも申し込む際によく考えてください。


 さて少しは役立ったでしょうか?宿泊券利用の際に個人的に気になる点を、宿泊券の発行元である長崎県観光連盟に確認し、記事にしてみました。なにぶん予約期間前の情報ですので、最終公式サイトでの確認を必ずお願いします。また、宿泊施設への予約の際は、宿泊券を利用することはもちろん、適用範囲など宿泊施設に事前確認し、明確にしておくのが無難だと思います。せっかくの旅行ですので、旅先でトラブルにならないよう準備してくださいね。お得な宿泊券をおおいに活用し、長崎旅行を存分に楽しんでいただければと思います。



 
posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(2) | 注目の旅行情報(2018年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。