2017年02月24日

静岡市のプレミアムフライデー イベント&割引情報 〜がんばる私のご褒美デー〜

 静岡県静岡市は、2017年2月24日(金)から始まるプレミアムフライデーに合わせて、官民が連携し様々なイベントや働き方の改革を考える事業「静岡市のプレミアムフライデー 〜がんばる私のご褒美デー〜」を展開します。24日16時からは、静岡市役所静岡庁舎(葵区役所)前の葵スクエアにて「静岡市プレミアムフライデー オープニングパーティー」を開催、特別ゲストを迎えてのトークショーや、オーケストラの生演奏、静岡の食材を使ったプレミアムバーもオープンします。

shizuoka_friday.png

 本日(2月24日)より始まるプレミアムフライデー。盛り上がりも微妙なため百貨店などもあまり大きなイベントを開催することができず、お店側も探り探りの状態のようです。ホテルや旅館はこれに合わせた様々なお得なプランを用意し、週末の旅行客の取り込みを図っています。そんな中、静岡市では経済団体、商業者、労働団体らと市が連携し、「市民への呼びかけ」「働く人が参加しやすい環境づくり」「お店・施設等でのプレミアムなサービスの提供」を活動の3本柱に、参画する市内の店舗や施設が200以上の特別企画を展開します。

 キャッチフレーズが、「がんばる私のご褒美デー」。独自ロゴマークでは帽子が富士山になっています。官民連携によるプレミアムフライデーの事業展開は、全国唯一とのことで今後の波及に期待が寄せられているようです。私の会社にも早く波及してくれることを望んでいます(^^♪

 特設サイトにてイベントが公開されていますのでチェックしてください。

>>>静岡市のプレミアムフライデー特設サイト

【構成団体】
・静岡商工会議所
・I Loveしずおか協議会
・清水駅中心市街地情報交換会
・(公財)静岡市まちづくり公社
・静岡市商店会連盟
・静岡市清水商店街連盟
・静岡地域労働者福祉協議会
・(公財)静岡市勤労者福祉サービスセンター
・静岡市

 以下、旅行予約サイトで展開されているプレミアムフライデーの特集ページです。静岡市含め全国の宿泊施設が特別プランを提供しています。

じゃらんの特集ページ

楽天トラベルの特集ページ

るるぶトラベルの特集ページ



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 静岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月23日

千葉県市川市がプレミアム付きグルメ商品券を発行!平成29年度(2017年度)秋

 千葉県市川市が2017年秋に「市川市地域交流グルメ商品券」を発売予定であることを発表しました。1冊4,000円分の商品券を3,000円で販売。プレミアム率は33%とかなりお得な内容となっています。市川市在住の方向けに13,000冊を販売する予定です。

ichikawa-2017.png

 市川市は2015年度のふるさと割事業にて同様のプレミアムグルメ商品券を販売していました。当時はその他にも「ローズ商品券」「お祭り・イベント商品券」「スーパープレミアム商品券」などを発売。どれもプレミアム率が3〜4割と他県の商品券よりかなりお得な内容となっていました。

 今回の商品券はその名の通り、食事券に当たりますので市内の参画店舗での食事に利用できます。市川市の方はぜひ家族、友人と食事に出かけて秋の味覚を楽しんでください。

 いち早い商品券の発売情報だったので、一つの記事として取り上げました。2017年度もプレミアム商品券やふるさと旅行券の発売を期待しています。昨年は九州ふっこう割が好評でしたが、復興割の発売にならないような大きな災害のない1年であって欲しいものです。2015年度のような全国的なふるさと割事業はないと思いますが、2017年度(平成29年度)のプレミアム商品券の発売情報について、以下のページにて発信したいと思います。

2017syouhin.png
>>>バナークリックで特集ページへ<<<




posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 千葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月21日

2017年GWの賢い旅行術 割引クーポン&県民性から見る予約状況

 2017年のゴールデンウィーク(GW)の旅行情報を目にすることが多くなってきました。「今年のGWは9連休だ!」という方は楽しみですね。各旅行サイトでも様々なGW特集をしていますが、楽天トラベルの「楽天トラベルデータからみる県民性とGWの賢い旅行術」というページをピックアップして紹介したいと思います。割引クーポンの案内もありますので、ぜひチェックしてください。

rakuten_gw.png

 特集ページでは、楽天トラベルの過去の予約状況から様々なランキングを紹介しています。例えば「GWの当日か前日にホテル・旅館を予約する人が多い都道府県」のトップは福岡県らしく、九州の多くの県が上位ランキングをしているそうで思い立っての旅行が好きな県民性が伺えるそうです。「行動力がある」と捉えるか「計画性がない」と捉えるか・・・それぞれかと思います(^^♪

 他にもGWの予約は、どのくらい前から増え始めるかや、2016年のデータをもとに「ホテル・旅館が早くから埋まり始める人気旅行先ランキング」が紹介されています。宿泊、飛行機を伴ったフリーツアー、レンタカーなどに利用できる割引クーポンも掲載されていますので、今年のGWの旅行計画の参考に利用してください。

>>>楽天トラベルGW特集ページ

 トップページでも案内しましたが、5月の草津温泉旅行に使える3,000円割引クーポンも配布中です。

>>>草津温泉の割引クーポン

 ちょっとこじんまりした記事になってしまいました・・・



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 注目の旅行情報(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年度(H29年度)のふるさと割はどうなる?ふるさと旅行券を考察。

 2017年度(平成29年度)のふるさと割・ふるさと旅行券の発売についてどうなるか?昨年も年末に個人的な見解を発信しましたので、今年も改めて予想したいと思います。

 見解なんぞよりお得情報を求めてこられた方は、トップページよりどうぞ。

29furusato_01.png

 まずは、2016年度を振り返ってですが、なんといっても「九州ふっこう割」が盛況でした。4月に発生した熊本地震で打撃を受けた九州の観光支援が目的でしたが、7〜9月の第1期分で速報値ながら約147万泊に達したそうです。第1期分と第2期分(10〜12月)と合わせた目標は150万泊だったので、9月までにほぼ達成したことになります。そして、10月には鳥取県を震度6弱の地震が襲いました。「鳥取ふっこう割」を政府主体で実施するかは、これからの検討となりますが、鳥取県内のいくつかの自治体が独自にふっこう割クーポンの配布を行いました。いずれも復興が目的なので、喜べるものではありませんでしたね。

 2016年春には、プレミアム商品券やふるさと旅行券の発売が政策の骨子に組み込まれていましたが、8月2日に閣議決定された経済対策にて、見送る方向となりました。群馬県など2015年度のふるさと割事業が盛況だった地域は、自治体の予算で2016年度も旅行券を発行するのではと予想していましたが、残念ながら至りませんでした。

 2016年度、商品券や旅行券の発行政策が見送りとなっただけに、2017年度も大体的というのは難しいかと思います。独自で実施する自治体はあるでしょうし、2016年度の平行線といったところでしょうか。ふっこう割はない年であって欲しいものです。地震はこりごりです(^^♪。自治体は、ふるさと割がなくとも観光客が集まる観光資源を生み出す力が求められます。観光業界全体が、さらなる試練の年になりそうです。

◆2017年1月以降の九州ふっこう割について
 九州ふっこう割は、2016年12月をもって終了となります。上記にも記載したように当初の目標値をはるかに超える結果となりましたので政府としては延期する必要がありません。ただ、熊本県内の一部の地域では、ふっこう割の恩恵を充分に受けられず、今後の復興支援を必要としています。2017年以降の継続の要望書を政府に提出している地域もあるので、自治体単位でなんらかの形で観光支援がなされる可能性はあります。

■2017年2月22日追記
2017年度のプレミアム商品券の情報はこちらで更新しています。
2017syouhin.png



****** 以下、2015年12月に記載した記事となります ******

 大晦日いかがお過ごしでしょうか?今年1年の私の生活を振り返えると、やはりこの「ふるさと割事業」とは切り離せない1年となりました。今年3月に当サイトを開始して以降、特に6月くらいからは本格的に忙しくなり、多くの方に記事を読んでいただきました。旅行会社や自治体の方から直接掲載依頼があったり、新聞社やテレビ局の方から調査や取材もあったりで、個人ブログにはもったいないほどの交流が生まれました。まずは、訪れていただいた皆様に厚くお礼申し上げます。

《平成28年3月15日追記》
28年度のふるさと割 最新情報はこちらの記事にて


28furusato_01.png

 さて、本日は「ふるさと割事業」の1年を振り返って、平成28年度以降の観光事業を考えたいと思います。11月くらいから来年度の旅行券発売はどうなる?という質問メールがあったり、旅行会社の方とその話題について話す機会が度々ありました。メールには簡単に個人的見解を返信させて頂いているのですが、せっかくなので記事として書かせていただきます。難しい話でなく、こうなれば良いのにという意見程度だと思ってください(^^♪

 平成26年末に2014年度補正予算として「地域住民生活等緊急支援交付金」という予算が配賦されました。この事業の一つ「地域消費喚起・生活支援型」と呼ばれるものに約2,500億円の予算が確保されました。名称通り「自治体が実施する地方における消費喚起策や住民の生活支援策に国がお金を支援しますよ」というものです。この事業の中には、今年全国で話題となった「プレミアム商品券」があり、予算約1,600億円が充てられました。「ふるさと名物商品券」「ふるさと旅行券」を扱う事業にも約600億円の予算が充てられました。

 かくして平成27年度より多くの自治体でふるさと名物や旅行券の販売が始まったわけですが、まずは石破茂地方創生担当大臣のお膝元鳥取県が先駆けとなり「とっとりで待っとるけん」が4月に発売され、わずか4分で完売というニュースが話題になりましたね。その後、全国的に広がり本日に至っていますが、販売のピークは6〜8月だったと思います。

28furusato_02.png

 今年は、旅行券のほかにも「インバウンド」という言葉にも注目が集まり、訪日外国人旅行客数が過去最高を記録しました。それに連動し「民泊」や中国人による「爆買い」というキーワードを何度も耳にしたかと思います。「旅行・観光」というジャンルにこれほどスポットが当てられた年はかつてなかったのではないでしょうか。国内の観光事業はこれらがきっかけとなり、大きな特需となりました。

 さて、私も気になる平成28年度のふるさと割事業の展開ですが、まずは予算的な部分から考えると今年の規模で継続するのはまず不可能です。これは、話をしていた旅行会社の方も同意見でした。来年度の新設予算で観光事業のメインとなりそうな「地方創生の深化のための新型交付金」が案として組まれていますが全体で約1,080億円、自治体が半分を負担するので事業規模ではその倍ですが、観光事業に利用されるのはその一部ですので今年ほどの予算確保は期待できません。

 ただ、今年のふるさと割事業が大きな効果をもたらした自治体は、自らの予算(自治体である程度自由に使える予算)をつぎ込んで継続する可能性があります。そもそも茨城県や奈良県などの一部の自治体では数年前からプレミアム宿泊券をそれらの予算を用いて発行しています。なので平成28年度のふるさと旅行券の発売は、今年度よりかは減るが、平成26年度以前と比べると増えるというのが私の見解です。

〇過去に販売されたプレミアム宿泊券
28furusato_03.jpg

 新聞・雑誌でプレミアム商品券、ふるさと割がばらまきだ!選挙の票集めだ!不公平だ!という記事も多くありますが、震災や災害にあった地域の観光業界にとって復興のチャンスとなったのも事実です。今年、いくつかの観光協会の方とお話する機会がありましたが皆さん同じように「今年はきっかけに過ぎない。課題は来年度以降にどうつなげるかです。」とおっしゃっていました。かつてのようにばらまいて終わりにしてはいけないという想いを多くの関係者が持たれているので、生きたお金になり始めているのではないでしょうか。

 最後に個人的な感想を言いますと、事業継続は大いに結構ですが、正直今年以上のペースになるとブログを継続するために会社を辞めねばなりません(>_<)。なのでもう少し穏やかなペースで継続して欲しいと思っております(^^♪。

 事業も終盤となりましたが、1月にはクーポン配布がありますのでぜひ活用してください。現在調査協力させていただいているメディアもあるので注目度はまだまだ高いです(特集されるかは未定です)。こちらは記事にして良い許可が取れましたら、紹介したいと思っています。お得な情報もできる限りお伝えしたいと思っていますので、来年も当サイトをよろしくお願いいたします。



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(2) | 注目のふるさと割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月20日

群馬県 ふるさと割クーポンで最大5,000円割引!2017年宿泊割引

【2017年2月更新情報】楽天トラベルでは、2017年5月の草津温泉への旅行に利用できる3,000円分の宿泊割引クーポンを配布しています。

>>>光に包まれる草津温泉割引クーポン


【2016年12月更新情報】
群馬県での宿泊が5,000円割引となるお得な宿泊クーポンをるるぶトラベルにて配布中です。2016年12月〜3月17日までの旅行に利用可能です。(※休前日および12/28〜1/4は対象宿泊除外設定となります。)

群馬県は、関東一の温泉大国です。
草津温泉・伊香保温泉・水上温泉郷・猿ヶ京温泉・四万温泉・薬師温泉・赤城温泉・藪塚温泉・湯宿温泉・万座温泉・磯部温泉・川場温泉・老神温泉・吾妻峡温泉・梨木温泉

などの宿泊施設で利用可能です。

>>>群馬に泊まろう!平日・休日限定クーポン(配布終了)



****** 以下、2015年のプレミアム宿泊券の記事です。 ******

 平成27年7月10日に発売予定されている群馬県のプレミアム宿泊券。前回の記事では全国のコンビニ発売分を紹介していましたので、今回は旅行予約サイトで同日発行される「ふるさと割クーポン」を紹介します。

gunma_31.png

 るるぶトラベル、じゃらん、楽天トラベルの旅行予約サイトで同日発行となります。

クーポンの内容は、
1.大人1名以上10,000円以上の宿泊料金で 5,000円割引
2.大人1名以上20,000円以上の宿泊料金で10,000円割引
3.大人2名以上30,000円以上の宿泊料金で15,000円割引
4.大人2名以上40,000円以上の宿泊料金で20,000円割引
5.大人2名以上50,000円以上の宿泊料金で25,000円割引

となり、旅行会社により取扱いのないクーポンがあるかもしれませんが、最大25,000円引となる点は同じようです。コンビニ、旅行予約サイトともに今回の販売が第1期となり、9月25日には第2期販売があります。全体で450,000枚という大規模な発行枚数になっているので、即日完売はなさそう(というより完売できるかに注目が集まりそう)です。

 コンビニ販売分の旅行券(額面5,000円)も一人1泊につき5枚までの使用制限があるので、大人2人の1泊旅行くらいなら割引額に違いはなさそうです。

以下の特設サイトでクーポンの獲得が可能です。

《るるぶトラベル》

地方創世応援キャンペーン 特設サイト


《楽天トラベル》

ふるさと割トラベルクーポン特設サイト



《じゃらん》

ふるさと割クーポンで旅に出よう! 特設サイト


<関連サイト>
公式サイトはこちら

ググっとぐんま公式サイト

〇草津温泉観光協会サイト「湯Love草津


<関連記事>
群馬県 草津温泉巡りもプレミアム宿泊券でお得。全国最大の発売枚数で群馬の魅力をアピール!!


<関連観光ガイド>
るるぶ群馬 富岡 草津 伊香保 ’15




続きを読む
posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(5) | 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする