2017年02月05日

鳥取で待っとりますキャンペーン 対象ツアー特集!鳥取ふっこう割で1万円を助成 2017年1月6日発売

 観光庁は、2016年12月6日に鳥取中部地震で観光不振に見舞われた鳥取県を支援する「鳥取応援プログラム」を正式発表しました。プログラムでは、旅行会社が販売するツアーに補助金を出す「とっとりで待っとりますキャンペーン」が柱になります。対象となるツアー期間は、2017年1月10日発から3月20日帰着分まで。予算規模は約1億5千万円となります。発売開始は2017年1月6日からとなります。

【ツアー販売に関するお知らせ】2/5(日)
 日本旅行・阪急交通社、近畿日本ツーリスト、H.I.S.、JTBに続き、クラブツーリズムからも発売されました。このページの最後に旅行会社の一覧をリンクしています。


観光庁からの予算1億円に鳥取県の補正予算5千万円が上乗せされました。
12月末にさらに5千万円が上乗せされましたので合計2億円の予算となります。

mattorimasu.png

 鳥取ふっこう割、始まりましたね。個人的には、1月からの支援なら素早い対応だと思っています。12月1日現在、地震以降の宿泊キャンセルが4万4459泊分に及ぶそうなので、これを機に多くの観光客が足を運んでくれることを望んでいます。う〜ん、しかしながら九州ふっこう割の180億円を考えるともう少し予算を出してくれても良かったんじゃーと思っとります(-_-;)

(追記)観光庁の予算1億円に加えて、鳥取県が5千万円を上乗せするようです。予算総額1億5千万円となりました。


【とっとりで待っとりますキャンペーンとは】

 鳥取県中部地震以降、不振に見舞われた鳥取県への風評被害を払拭し、観光客を早期に呼び戻すことを目的に観光庁が補助金を鳥取県に交付します。県は、旅行会社が企画する鳥取県内への周遊ツアーに対し、補助金を充当。一人あたり1万円が割り引かれたツアー商品を旅行会社は販売します。発売は1月6日より順次開始されます。

 補助金が適用されるツアー商品の条件としては、
・2017年1月10日発〜3月20日帰着分までの周遊旅行
・鳥取県内の東部・中部・西部エリアのいずれかある宿泊施設へ宿泊すること
・宿泊エリアとは別のエリアの観光施設を1拠点以上訪れること
・2万円以上のツアー

となっています。エリアとは、鳥取県を3つの区域に分割し、決められます。例えば中部にある倉吉市に宿泊するツアーの場合、東部の鳥取砂丘や西部の米子市を訪れる必要があります。


tottorimap.png

 その他の応援プログラムについては、環境庁の既存事業を活用したもので国内・国外に鳥取県の魅力を発信する内容となっています。


【とっとりで待っとります割引ツアー】
 関西発、首都圏発など旅行会社により限定発売となっています。

JTBのツアーはこちらのページで特集しています。下のページでは、「とっとりで待っとります」をキーワード指定して検索してください。
JTB国内ツアートップページ (人気!)


近畿日本ツーリスト (人気!)


エイチ・アイ・エス(H.I.S.) (人気!)


日本旅行 (人気!)


阪急交通社 (人気!)


スカイツアーズ


クラブツーリズム


日本交通


 既に始まっている自治体独自のふっこう割・観光キャンペーン情報についてはこちらのページへどうぞ。


■□■ 鳥取県観光支援で協力中!! ■□■
 鳥取中部地震からの復興支援を一早く取り組みされていた「地方創生支援サイト まいふるさと.COM」様より要請があり、連携協力し鳥取県観光支援を実施しています。当サイト初の相互リンクです (^^♪

>>>とっとりで待っとりますキャンペーン特集(外部サイト)

>>>鳥取応援プログラム特集(外部サイト)





 
posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 鳥取で待っとりますキャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月04日

大政奉還150周年記念特集!イベント&宿泊 割引情報まとめ|2017年 京都市

 平成29年(2017年)は、江戸幕府15代将軍徳川慶喜が政権を天皇に返上した慶応3年(1867年)の「大政奉還」から150年の節目を迎えます。これを機に京都市では、幕末維新に京都で活躍した先人たちとゆかりを持つ都市に参画を呼びかけ、相互に交流・連携を図る事業「大政奉還150周年プロジェクト」を実施します。幕末維新をテーマとした文化・観光等の振興を目的に年間を通して様々な観光キャンペーンを展開。今年の第1弾として全国の参画都市と連携した「幕末維新スタンプラリー」が始まりました。これから展開される多くのイベントをお得な割引情報などと共にお届けしたいと思います。

taisei-houkan-150th.png

 と、少し堅苦しい文章から始めましたが、幕末を愛する人たちが気軽に楽しめるイベント盛りだくさんの年になればいいなぁと個人的にも期待しています。大政奉還のあった慶応3年は、新しい時代に向けて激動の年です。大政奉還から1ヶ月後の11月15日には、京都の近江屋で坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺されるので、今年はふたりの没後、150年にもあたりますね。当たり前ですが、来年の2018年は「明治維新150周年」ということになります。

 小学生の頃に見た年末大型時代劇『白虎隊』で幕末の魅力に取りつかれて以来、30年に渡る幕末ファンなので私自身、このキャンペーンを楽しみにしている一人です。京都市に住んでいる一ファンとして、この150周年記念プロジェクトを応援し、皆さんにこのブログを通して様々なイベント情報を発信したいと思います。

 さっそく2017年1月より開始された「幕末維新スタンプラリー」を紹介します。
>>>幕末維新スタンプラリーの記事へ

 旅行予約サイトでも「大政奉還」や「薩長同盟」など150周年を記念したプランが出ています。今後も増えそうですのでぜひチェックしてください。(150周年で検索しているので明治維新に全く関係ないプランもリスト表示されています。ご注意を・・・)

>>>楽天トラベルの宿泊プラン一覧


>>>じゃらんの宿泊プラン一覧



プロジェクト公式サイトも立ち上がっています。なかなかに楽しめますよ。

>>>大政奉還150周年記念プロジェクト公式サイト


以下、プロジェクトに参画している自治体と関係が深い明治維新で活躍した人物です。

【福島県 会津若松市】
 松平容保(会津藩主、京都守護職)、山本覚馬、秋月悌次郎(会津藩士)

【東京都 千代田区】
 徳川慶喜(将軍)、大村益次郎(長州藩士)、品川弥二郎(長州藩士)、井伊直弼(彦根藩主)

【東京都 品川区】
 坂本龍馬(土佐藩士)、伊藤博文、高杉晋作(長州藩士)、板垣退助(土佐藩士)

【東京都 調布市】
 近藤勇(新選組局長)

【東京都 日野市】
 土方歳三(新選組副長)、井上源三郎(新選組隊士)、佐藤彦五郎

【長野県 上田市】
 松平忠礼(上田藩主)、赤松小三郎(上田藩士)、三吉米熊

【静岡県 静岡市】
 徳川慶喜(将軍)、山岡鉄舟(幕臣)、勝海舟(幕臣)

【福井県 福井市】
 松平春嶽(福井藩主)、橋本左内、由利公正(福井藩士)、横井小楠(熊本藩士)

【三重県 桑名市】
 松平定敬(桑名藩主、京都所司代)、森陳明(桑名藩士)、珠光院貞姫

【京都府 京都市】
 孝明天皇(天皇)、岩倉具視、三条実美(公家)

【和歌山県 和歌山市】
 徳川茂承(紀州藩主)、陸奥宗光(志士)、三浦安(紀州藩士)

【岡山県 高梁市】
 板倉勝静(備中松山藩主)、山田方谷、三島中洲、熊田恰(備中松山藩士)

【広島県 福山市】
 阿部正弘(福山藩主)、坂本龍馬(土佐藩士)、三条実美(公家)

【山口県 萩市】
 木戸孝允、吉田松陰、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文(長州藩士)

【山口県 下関市】
 坂本龍馬(土佐藩士)、高杉晋作(長州藩士)、白石正一郎

【愛媛県 宇和島市】
 伊達宗城(宇和島藩主)、大村益次郎(長州藩士)

【高知県 高知市】
 山内容堂(土佐藩主)、坂本龍馬、後藤象二郎、板垣退助、中岡慎太郎(土佐藩士)

【長崎県 長崎市】
 坂本龍馬(土佐藩士)、グラバー(英国商人)

【熊本県 熊本市】
 横井小楠、宮部鼎蔵、河上彦斎(熊本藩士)

【鹿児島県 霧島市】
 坂本龍馬(土佐藩士)、西郷隆盛、小松帯刀(薩摩藩士)

【鹿児島県 鹿児島市】
 島津久光(薩摩藩主後見)、天璋院篤姫、西郷隆盛、大久保利通、小松帯刀(薩摩藩士)


 

 
 
posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 大政奉還150周年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月02日

JTB とっとりで待っとります1万円割引ツアーを発売!鳥取ふっこう割 2017年

 JTBは、鳥取中部地震による多くの宿泊キャンセルで観光不振が続く鳥取県を支援する「とっとりで待っとりますキャンペーン」(鳥取ふっこう割)の対象ツアーを発売しました。同キャンペーンは、政府主体の復興政策である「鳥取応援プログラム」の一環です。2017年3月20日帰着分までの鳥取県での宿泊を伴った周遊ツアーが、一人あたり1万円引となります。さっそく発売されたツアーは、首都圏発のANAやJALで行く周遊旅行や名古屋発バスで行くはわい温泉の旅などのフリープラン。ぜひ鳥取県の観光支援に一役買っていただければと思います。

JTB-tottori.png

 本格的な支援がこれからという時に鳥取県の大雪のニュースが流れました。宿泊キャンセルがあったのと農作物への影響も大きかったようですね。どこに住んでいようと自然災害は付きものですが、なんともタイミングの悪い話でした。

 さて、発売されたツアーですが、首都圏発飛行機で行く周遊ツアーが充実しています。人気の「とっとり花回廊」や「鳥取二十世紀梨記念館なしっこ館」の入場券がセットになったプランで三朝温泉・皆生温泉・はわい温泉など鳥取県を代表する温泉が楽しめるツアーが用意されています。現地を車で移動したい方に、滞在中レンタカー付というプランもあります。首都圏発のツアーは、2017年2月6日〜3月19日出発となっています。

 名古屋発のプランは貸切バスを利用したはわい温泉へのツアーです。1日目に鳥取藩最大の宿場町・智頭や久松公園を巡り、はわい温泉で有名な「望湖楼」で泊。2日目に鳥取砂丘・宇部神社・大江ノ郷自然牧場などを巡る内容となっています。かろいち(鳥取港海鮮市場)での買い物も楽しめます。

サイトでのツアー表示価格は、一人あたり1万円を割引した後の価格となっています。

>>>首都圏発のツアー一覧

>>>名古屋発のツアー一覧

 今後で発売されるツアーもあると思います。以下の国内ツアーのページより「とっとりで待っとります」をキーワードに検索してみてください。

>>>JTB国内ツアートップページ

 
 とっとりで待っとりますキャンペーン対象ツアーは、多くの旅行会社から販売されます。当サイトでは特集ページにて最新情報をお届けしていますので、そちらの記事もチェックしてください。

>>>特集ページはこちら


>>>るるぶトラベルの鳥取ふっこう割クーポン情報はこちら




posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 注目の旅行情報(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月01日

糸魚川市ふるさと旅行券 おすすめのホテル・旅館など宿泊施設 2017年新潟県

 2017年1月20日と2月8日に発売される「糸魚川市ふるさと旅行券」が利用可能なホテル、旅館などの宿泊施設を紹介します。旅行券は、5,000円の旅行券(宿泊券)を2,500円で販売、2017年2月1日(水)から4月28日(金)までの期間で利用可能です。

itoigawashi-coupon.png

 旅行券の記事でも紹介したように、糸魚川市は美味しいものが充実しています。特にこの時期は、あんこうが最高で2017年1月21日(土)から3月11日(土)までの期間、『糸魚川荒波あんこうフェア』を開催しています。宿泊施設もあんこう鍋が楽しめる宿泊プランを用意していますので、一考いただければと思います。

>>>糸魚川荒波あんこうフェア・祭り公式サイト

観光情報・旅行券購入方法については、以下のサイトを参照ください。
>>>糸魚川市ふるさと旅行券について

>>>糸魚川市旅行券公式サイト

 旅行券は、旅行予約サイト経由の宿泊にも利用可能です。以下の7つのホテル・旅館についてはるるぶトラベル、じゃらん、楽天トラベルからの予約が可能です。旅行予約サイトごとの宿泊施設一覧を参考に掲載しておきます。(個人的には、見かけは古いですが料理が自慢の親不知観光ホテルはおすすめです。ホテルからの景色も最高ですよ。)

◆ホテル國富 翠泉閣
◆ホテル國富 アネックス
◆親不知観光ホテル
◆笹倉温泉 龍雲荘
◆柵口温泉 権現荘
◆焼山温泉 清風館
◆ホテル ゑびや

※予約は、必ず「現地決済」としてください。
 カード決済などでは旅行券が使えませんのでご注意ください!

るるぶトラベル

楽天トラベル

じゃらん

ヤフートラベル




posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟県糸魚川市ふるさと旅行券を2017年2月8日追加発売!|糸魚川市復興・観光情報

【追加販売情報】初回販売が大好評につき、2月8日(水)に追加販売となりました。糸魚川市ふるさと旅行券が使えるおすすめのホテルや旅館も紹介中!

 2016年12月22日に150棟以上を焼損する大規模火災に見舞われた新潟県糸魚川市は、2017年1月20日に「糸魚川市ふるさと旅行券」を全国の主要コンビニに設置されているチケット販売機にて発売します。5,000円の旅行券(宿泊券)を2,500円で販売、2017年2月1日(水)から4月28日(金)までの期間で利用可能です。また、3月11日(土)までの期間であれば、「糸魚川荒波あんこうフェア」を開催中です。旅行券は、糸魚川市民の方も購入可能です。ぜひ活用して、うまさぎっしり新潟の旅を楽しんでください。

※当サイトの読者の方より、旅行券の情報をいただいての掲載となります。ありがとうございました。

itoigawa.png

 それにしても火災の規模は半端なかったですね。これだけの規模の火災で死者がなかったのはなによりでした。今回の火災では、県内最古(1650年創業)の「加賀の井酒造」の酒蔵が焼けるなど被害額は数十億円に及ぶようです。昔、いとこの家が火災に巻き込まれて全焼しましたが、出火元の家から損害賠償金は1円も貰えなかったそうです。日本には、「失火法」という法律があり、重過失がないと失火者の賠償責任を問えないと定められています。火事の被害は、自分で守るのが基本ですので、皆さんもこれを機に防火対策や保険など見直してくださいね。

○小滝川ヒスイ峡
itoigawa2.png

 本題に戻します。新潟県糸魚川市は、ヒスイの町として有名で、日本随一のヒスイの産地「小滝川ヒスイ峡」は観光地としても人気があります。ここでの岩石採取はできませんが、近くのヒスイ海岸や親不知海岸では、ヒスイ探しのスポットとなっています。また、小滝川ヒスイ峡をはじめ市内には24のジオサイト(地質や文化・歴史を感じることができる場所)があり、それらをめぐることで、日本列島の形成や糸魚川の文化・歴史を楽しく学ぶことができます。

>>>観光スポットの詳細は、糸魚川観光ガイドにて

 食では、新潟県らしく美味しいものが充実しています。特にこの時期は、あんこうが最高で2017年1月21日(土)から3月11日(土)までの期間、糸魚川荒波あんこうフェアを開催しています。あんこう鍋を囲んで最高の日本酒を楽しんでください。

>>>糸魚川荒波あんこうフェア・祭り公式サイト


以下、糸魚川市ふるさと旅行券の詳細です。

■第2回販売分 2/8追加分
 下記に紹介済の第1回分と同内容の旅行券です。異なる部分だけ記載しておきます。
【販売枚数】2,000枚
【販売日】平成29年2月8日(水)10:00〜

観光情報・旅行券購入方法については、以下のサイトを参照ください。
>>>糸魚川市ふるさと旅行券について

>>>糸魚川市旅行券公式サイト

 旅行券は、旅行予約サイト経由の宿泊にも利用可能です。旅行予約サイトごとの宿泊施設一覧を参考に掲載しておきます。旅行券の利用可能な施設については、上記の公式サイトでご確認ください。

>>>るるぶトラベルの宿泊施設一覧

>>>楽天トラベルの宿泊施設一覧


>>>じゃらんの宿泊施設一覧

旅行券が使えるおすすめの宿泊施設については、こちらの記事で紹介しています。

>>>糸魚川市ふるさと旅行券 おすすめのホテル・旅館など宿泊施設


■第1回販売分(完売)
【販売価格】5,000円の宿泊券を2,500円で販売
【販売枚数】4,000枚
【販売方法】コンビニエンスストアのチケット販売機で販売 
(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクス)
【販売日】平成29年1月20日(金)0:00〜
【使用期間】平成29年2月1日(水)〜4月28日(金)チェックイン分まで
【使用条件】一人1泊2枚まで(3連泊分まで使用可)
※10,000円未満の宿泊については1枚、10,000円以上の宿泊については2枚使用できます。
※宿泊代金が5,000円未満の場合は使用できません。

その他、宿泊対象施設などは公式サイトにてご確認ください。
>>>糸魚川市公式サイト


旅行券が使えるおすすめの宿泊施設については、こちらの記事で紹介しています。

>>>糸魚川市ふるさと旅行券 おすすめのホテル・旅館など宿泊施設






posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする