2015年05月20日

岡山県ふるさと旅行券 楽天トラベルで平成27年5月30日より発行。コンビニ購入とどっちがお得?

 岡山県が『晴れらんまん おかやまの旅』を平成27年6月1日午前9時(予定)より全国のコンビニで販売開始することは、先日の記事でもお伝えしました。(ページの最後の参考リンクを貼っています。)1人1泊につき30,000円までという使用制限があるものの購入枚数の制限はないようです。購入できればラッキーですが、4分で完売となった『とっとりで待っとる券』の二の舞にならないか心配です。

okayama_11.png

 それより少し早く5月30日より楽天トラベルにて最大3万円引きとなるふるさと割クーポンが発行されるようです。おそらく「60,000円以上の宿泊予約で利用できる30,000円引きクーポン」ですね。気になる最大30,000円引クーポンはこちら


 さて、コンビニとほぼ同時発行となりますが、どちらで購入した方がお得なのでしょうか?楽天トラベルでクーポン使って旅館を予約し、旅館でのお土産代やビール代にコンビニで購入した分を使うという作戦を考えたのですが、「駄目」ってしっかりと注意書きがありました・・・・ということで諦めて本題に戻ります。

okayama_12.png


 コンビニ発売分は、1泊につき1人あたり30,000 円(券面総額)まで利用可能です。2人で宿泊なら60,000円以上の宿泊で30,000円分の割引が受けられるので楽天トラベルのクーポンと内容的は同じですね。ただし、連泊するならコンビニで購入した方がお得です。

 例えば2泊3日の旅行2名で100,000円の宿泊料金だとします。コンビニでは100,000円分の旅行券を50,000円で購入できるので自費は50,000円ということになります。楽天トラベルなら30,000円のクーポンが使用できるだけなので70,000円の自費です。連泊等で旅行代金が高くなる方は、コンビニ購入が断然お得です。

 あと、宿泊先でお土産を購入したり、食事のときに別途料金となるビールやジュースなどこれが宿泊料金とあわせてフロント精算できるなら、その額を見込んでコンビニで購入が可能です。楽天トラベルではそういうことができませんね。


 ただし、コンビニ購入の場合のデメリットもあります。それは購入後の返金・払い戻しができないことです。10万円分の旅行券を買ったけど旅行先で1万円分余ったとか、旅行に行けなくなった(これは一番最悪なパターンですね)など・・・どんな理由にしても手元に残っているのは「岡山県の宿泊でしか使えない使用期限のある旅行券」だということです。メリットも大きいかわりに自己責任も大きいです。


〇岡山県高梁市の備中松山城と雲海(ちょっと休憩写真です。)
okayama_13.jpg


《まとめ》
 30,000円引きまでのクーポン利用で充分。余計なリスクもない楽天トラベルで予約するならトラベルクーポン2015 特設サイトへ。

 コンビニ購入なら宿泊施設は別途予約が必要です。最安値保証の旅行サイトでお得に予約するか、この機会にワンランク上の宿泊施設を予約するか選択は自由です。(自由ですが、支払いは旅行券が使える「現地払い」で必ず予約。『晴れらんまん おかやまの旅』公式サイトで旅行券が使用可能な施設かも必ず確認しましょう。)

最安値保証のHotels.com 岡山・倉敷の宿泊施設一覧

一休.com 岡山のちょっと贅沢な宿泊施設一覧



<関連サイト>
コンビニで購入できる全国の「JTBプレミアム旅行券」特設サイトはこちら

『晴れらんまん おかやまの旅』公式サイト
 コンビニでの購入方法、利用上の注意点、よくある質問(Q&A)など詳細確認できます。

<関連記事>
岡山県のプレミアム旅行券6月1日にコンビニで全国販売開始。地区によって街の姿が違う倉敷市散策が面白い


<関連観光ガイド>
るるぶ岡山 倉敷 蒜山 ’15





〈2015年5月31日追記〉

 楽天トラベルのふるさと割クーポン「60,000円以上の宿泊予約で利用できる30,000円引きクーポン」と思っていたのですが、まさかのANAもしくはJALの楽パック専用でした・・・・失礼しました。

 6月1日発売予定のじゃらんも同じですかね。

 飛行機に乗る必要がない場合は、コンビニ販売分でご購入ください。6月1日午前9時販売開始です。


posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(4) | 岡山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Yahooオークションですごい数の出品がありますね。
本来の趣旨を完全に逸脱。ほんとうに欲しい人が買えない状態。「転売禁止」の文言を入れる必要がありますね。
これから発行する自治体は考えてほしいものです。
数分で売り切れても自慢にはならないでしょ。
Posted by 佐伯秋羅 at 2015年06月04日 23:23
訪問&コメントありがとうございます。

ヤフオク、チェックしました。本当にすごい数ですね。一番最初の鳥取の販売後の結果でほぼ想定できたはずなんですが、対策ができないのでしょうね。
佐伯さんのご意見に賛同します(^^♪

岡山の旅行券を購入している人の大半は岡山県民らしいです。もっと県外の者に売る仕組みを考えた方がお金が大きく動くと思うのですが・・・


返信遅くなり、失礼しました。

Posted by 誠太郎 at 2015年06月06日 14:10
本当に困ったものです。
オクで出品するのは、利益を得ようとしている事だから。
プレミアム旅行券の差額分は、後々国の税金で賄われると言うのに。
Posted by 大蔵省 at 2015年06月24日 14:34
モラルに任せると少なからずこういう事が起こりますね。残念です。
Posted by 誠太郎 at 2015年06月24日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。