2017年02月05日

鳥取で待っとりますキャンペーン 対象ツアー特集!鳥取ふっこう割で1万円を助成 2017年1月6日発売

 観光庁は、2016年12月6日に鳥取中部地震で観光不振に見舞われた鳥取県を支援する「鳥取応援プログラム」を正式発表しました。プログラムでは、旅行会社が販売するツアーに補助金を出す「とっとりで待っとりますキャンペーン」が柱になります。対象となるツアー期間は、2017年1月10日発から3月20日帰着分まで。予算規模は約1億5千万円となります。発売開始は2017年1月6日からとなります。

【ツアー販売に関するお知らせ】2/5(日)
 日本旅行・阪急交通社、近畿日本ツーリスト、H.I.S.、JTBに続き、クラブツーリズムからも発売されました。このページの最後に旅行会社の一覧をリンクしています。


観光庁からの予算1億円に鳥取県の補正予算5千万円が上乗せされました。
12月末にさらに5千万円が上乗せされましたので合計2億円の予算となります。

mattorimasu.png

 鳥取ふっこう割、始まりましたね。個人的には、1月からの支援なら素早い対応だと思っています。12月1日現在、地震以降の宿泊キャンセルが4万4459泊分に及ぶそうなので、これを機に多くの観光客が足を運んでくれることを望んでいます。う〜ん、しかしながら九州ふっこう割の180億円を考えるともう少し予算を出してくれても良かったんじゃーと思っとります(-_-;)

(追記)観光庁の予算1億円に加えて、鳥取県が5千万円を上乗せするようです。予算総額1億5千万円となりました。


【とっとりで待っとりますキャンペーンとは】

 鳥取県中部地震以降、不振に見舞われた鳥取県への風評被害を払拭し、観光客を早期に呼び戻すことを目的に観光庁が補助金を鳥取県に交付します。県は、旅行会社が企画する鳥取県内への周遊ツアーに対し、補助金を充当。一人あたり1万円が割り引かれたツアー商品を旅行会社は販売します。発売は1月6日より順次開始されます。

 補助金が適用されるツアー商品の条件としては、
・2017年1月10日発〜3月20日帰着分までの周遊旅行
・鳥取県内の東部・中部・西部エリアのいずれかある宿泊施設へ宿泊すること
・宿泊エリアとは別のエリアの観光施設を1拠点以上訪れること
・2万円以上のツアー

となっています。エリアとは、鳥取県を3つの区域に分割し、決められます。例えば中部にある倉吉市に宿泊するツアーの場合、東部の鳥取砂丘や西部の米子市を訪れる必要があります。


tottorimap.png

 その他の応援プログラムについては、環境庁の既存事業を活用したもので国内・国外に鳥取県の魅力を発信する内容となっています。


【とっとりで待っとります割引ツアー】
 関西発、首都圏発など旅行会社により限定発売となっています。

JTBのツアーはこちらのページで特集しています。下のページでは、「とっとりで待っとります」をキーワード指定して検索してください。
JTB国内ツアートップページ (人気!)


近畿日本ツーリスト (人気!)


エイチ・アイ・エス(H.I.S.) (人気!)


日本旅行 (人気!)


阪急交通社 (人気!)


スカイツアーズ


クラブツーリズム


日本交通


 既に始まっている自治体独自のふっこう割・観光キャンペーン情報についてはこちらのページへどうぞ。


■□■ 鳥取県観光支援で協力中!! ■□■
 鳥取中部地震からの復興支援を一早く取り組みされていた「地方創生支援サイト まいふるさと.COM」様より要請があり、連携協力し鳥取県観光支援を実施しています。当サイト初の相互リンクです (^^♪

>>>とっとりで待っとりますキャンペーン特集(外部サイト)

>>>鳥取応援プログラム特集(外部サイト)





 
posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 鳥取で待っとりますキャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: