2017年04月17日

バスツアー 日帰り&宿泊おすすめ!助成金・ふるさと割引でお得!2017年版

 2017年のおすすめバスツアーを集めました。一昨年のふるさと割のような大きな割引はなかなかお目にかかれないですが、独自の予算でバスツアーに対して助成金(補助金)を出している自治体は多くあります。そういった助成金を利用したツアーは旅行代金がちょっとお得。また、ツアーを探す際のポイントも少し紹介していますので、旅行を選ぶ際の参考にご活用ください。

bus-zyosei2017.png

 バスツアーのおすすめ季節は春から初夏にかけてと秋。動きやすく、食が充実する季節です。美味しい食事を期待してツアーに参加する方も多いかと思います。

 このブログを始めて以降、メディアの方や読者からちょくちょく「おすすめのバスツアー」を聞かれます。自分が参加したツアーなら「おすすめだ」「辞めた方が良い」と明確な回答ができますが、一般論的な話になるとこの手の質問の回答は、なかなか難しいです。例えば日帰りバスツアーの食事にしても、「食事がまずかった」話は腐るほどあります(^^♪。

★「食べ放題」のフレーズに騙されるな!
 そもそもバスツアーの食事は、観光バスを停めることができる駐車場があるか、団体客が入れるかを優先して考えられていますので、地元にどんな名店があろうとも団体客が入れなければ除外です。団体客を扱える店=「質より量」的な店となり、バイキング形式の「食べ放題」が売りとなる場合が多く、「地元の食材を生かした料理、食べ放題」といったフレーズにひかれて参加したけど「食事がまずかった」につながる可能性が高くなるわけです。自分が選ぶ際は、(口コミなどで)ある程度評判の良い食堂、ホテルや旅館での食事であるかをチェックポイントとしています。

★ちょっと得かも。食事時間に注目!
 一概にも言えませんが、昼食時間は注目ポイントです。「13時から昼食」のように12〜13時の間を避けた食事を設定されている場合、ちょっとお得になっている可能性があります。食堂は、最も忙しい時間帯に団体客が入るのを避けたいのが心情。ツアー会社が、時間帯をずらしてくれることを条件に食事代金を安くしたり、食事をランクアップしたりしています。参加者も落ち着いた時間帯に食事ができるので、食堂・ツアー会社・参加者全てにメリットが生じます。

★お土産店への立ち寄りに注目!
omiyageten.png
 観光名所を巡ったあとのお土産店への立ち寄りが組み込まれているツアーは多いですね。ご存知の方も多いと思いますが、お土産店からツアー会社にバックマージンが支払われています。お土産不要の方からすれば「無駄な時間」になりますが、この時間があることでツアー代金が安くなっているとも考えられます。

★助成金ツアーに注目!
 自治体がツアーに助成金を出している場合があります。これは皆さんの旅行代金が純粋に安くなるのでお得ですね。ただし、助成金を受けていてもツアー内容に記載されないことも多いです(T_T)。

 以下のサイトでは、助成金を受けているツアーを公開しているので紹介しておきます。

◆クラブツーリズム
 首都圏発、福島県へのさくらんぼ狩りツアーがあります。東京都が補助金を出しています。
助成金ツアー特集ページ

◆阪急交通社
 大阪、神戸発⇒鳥取への宿泊付きバスツアーが出ています。鳥取県が補助金を出しています。
阪急交通社

※対象ツアーの表示は、上記リンクの画面右上、フリーワード検索欄で「とっとりで待っとります」と入力し検索してください。

 最後におすすめバスツアー会社を紹介します。関東では、お馴染み「はとバス」です。ツアーにハズレがないのとしっかりとした教育方針から添乗員のレベルが高いです。
hatobus-2017.png

はとバス

 楽天トラベルからもツアーの申込が可能です。はとバス専用割引クーポンも配布中!!
はとバスツアー(クーポンあり)



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | バスツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: