2015年03月11日

知らないと損をするプレミアム付き商品・宿泊券の基本ルール

 2015年、全国で発売予定されているプレミアム付き商品券や宿泊券。プレミアム率や購入可能枚数等は地方の行政次第なので市町村により異なります。なかには市町村に在住していなくても購入できる場合もあるようです。例えばそのような市町村がお隣で車や電車ですぐに行けるほどの距離なのであれば、その市町村が発行する商品券等を購入することで割引の特典が受けられます。当然自分が在住する市町村からの購入も可能なので2倍お得ですね。

 プレミアム宿泊券は旅行者を目的に発行しているので県外の者の購入が可能です。商品券と異なり、プレミアム率が高く設定されている場合がほとんどです。例えば4月に発売予定となっている鳥取県のプレミアム宿泊券「とっとりで待っとるけん」は10,000円分を5,000円で購入できるのでプレミアム率は100%です。

270302-1.jpg

 この商品券や宿泊券には全国共通の基本的なルールがあります。

 それは、「お釣りが出ない」ということです。お釣りを認めてしまうと「10円の物を購入し、お釣りを貰って現金を儲けよう」とする者が続出してしまいます。悲しいもので私も当初その考えがよぎって、お釣りが貰えないか調べてしまいました(笑)

 「とっとりで待っとるけん」を例にすると1泊8,000円の宿泊の場合、宿泊券は使用できません。1泊16,000円の場合なら、1万円を宿泊券、残り6,000円をカードや現金で支払いとなります。お土産の購入や夕食時のお酒のオーダー等でフロントでの同時精算が可能なら4,000円をそれらに使用して、2枚(2万円分)の宿泊券で支払可能となります。宿泊券は無駄のないよう購入してください。宿泊券なので日帰りプランには利用できませんので合わせて注意を。

 あと注意すべきは、旅行会社を通して宿泊施設を予約した場合、必ず「現地払い」にすることです。ツアー等で電車のチケット&宿泊料込のプランがありますが、先に旅行会社に前払いするので宿泊券が使用できません。宿泊施設単独で申し込んでもカード決済で先払いせず、必ず「現地払い」としてください。

 これから決まるルールには市町村独自の内容が多く出てくると予想されます。購入前にはしっかりと確認し、後から「思っていた内容と違う〜」と嘆かなくてすむようにしましょう。



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 宿泊券の基本ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする