2017年02月11日

えちごせきかわ温泉郷 宿泊券で5,000円割引(商品券付) お得な2017年「冬旅応援キャンペーン」

 新潟県関川村では、関川村温泉旅館組合加盟の宿泊施設で利用できる5,000円分の宿泊割引券が、先着400組様に当たる「えちごせきかわ温泉郷 冬旅応援キャンペーン」を開催しています。さらに1,000円分の関川村商品券がもらえます。宿泊券は、2017年3月末までの宿泊に、2名以上のグループにつき1枚利用できます。ハガキまたはキャンペーン特設サイトより応募が必要です。高瀬温泉・鷹の巣温泉・雲母温泉(きらおんせん)・湯沢温泉・桂の関温泉の5つの温泉と、わかぶな高原スキー場でスノースポーツを満喫できる関川温泉郷にぜひ足を運んでください。

sekikawa-ouen.png

 関川村は、新潟県北部に位置し山形県とも隣接しています。新潟県らしく豊かな水ときれいな空気に恵まれ、自然の素材を活かした美味しい料理やお酒が自慢です。また、村を流れる荒川に沿って5つの温泉地が訪れる人々を癒してくれます。

sekikawa-ouen1.png

 以下、キャンペーンの詳細です。宿泊券は先着順でもらえるようなので、早めに応募してください。

【応募期間】
 2017年3月17日(金)まで

【宿泊対象期間】
 2017年3月31日(金)の宿泊まで

【応募方法】
 はがきまたはキャンペーン特設サイト(下記バナーをクリック)にて応募
sekikawa-cam.jpg

【当選通知】
 応募日(ネットは登録時、はがきは到着時)の毎週末にその週の当選者へ割引宿泊券を発送。関川村商品券1,000円分も合わせて貰えます。
※先着400名限定なので、400名を超えた週のみ抽選となるようです。

【宿泊券が使える宿泊施設一覧】
 旅行予約サイトからの宿泊予約にも宿泊券の利用が可能です。予約の際は、支払方法を「現地決済」としてください。

※旅行サイト経由の予約に宿泊券の利用が可能かは、2/11に鷹の巣館などいくつかの宿泊施設に直接確認していますが、念のため宿泊施設には事前に「宿泊券利用」の旨を伝えておきましょう。

■高瀬温泉■
◆高橋屋観山荘
◆あらかわ荘
◆花みちる宿ニュー萬力
◆かじかの宿和らぎ荘
◆古川館
◆ゑびすや旅館
◆旅館山路

■鷹の巣温泉■

◆鷹の巣館
◆四季の郷喜久屋

■雲母温泉■(きらおんせん)
◆雲母本館
◆寿荘

■湯沢温泉■

◆高砂屋旅館
◆仲屋旅館
◆角屋旅館

※桂の関温泉の対象施設はありません。

以下、各旅行サイトの宿泊施設一覧です。地域の一覧のため、一部宿泊券の利用できない宿泊施設も含まれていますのでご注意ください。

るるぶトラベルの宿泊施設一覧 】

楽天トラベルの宿泊施設一覧

じゃらんの宿泊施設一覧

ヤフートラベルの宿泊施設一覧





posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月01日

糸魚川市ふるさと旅行券 おすすめのホテル・旅館など宿泊施設 2017年新潟県

 2017年1月20日と2月8日に発売される「糸魚川市ふるさと旅行券」が利用可能なホテル、旅館などの宿泊施設を紹介します。旅行券は、5,000円の旅行券(宿泊券)を2,500円で販売、2017年2月1日(水)から4月28日(金)までの期間で利用可能です。

itoigawashi-coupon.png

 旅行券の記事でも紹介したように、糸魚川市は美味しいものが充実しています。特にこの時期は、あんこうが最高で2017年1月21日(土)から3月11日(土)までの期間、『糸魚川荒波あんこうフェア』を開催しています。宿泊施設もあんこう鍋が楽しめる宿泊プランを用意していますので、一考いただければと思います。

>>>糸魚川荒波あんこうフェア・祭り公式サイト

観光情報・旅行券購入方法については、以下のサイトを参照ください。
>>>糸魚川市ふるさと旅行券について

>>>糸魚川市旅行券公式サイト

 旅行券は、旅行予約サイト経由の宿泊にも利用可能です。以下の7つのホテル・旅館についてはるるぶトラベル、じゃらん、楽天トラベルからの予約が可能です。旅行予約サイトごとの宿泊施設一覧を参考に掲載しておきます。(個人的には、見かけは古いですが料理が自慢の親不知観光ホテルはおすすめです。ホテルからの景色も最高ですよ。)

◆ホテル國富 翠泉閣
◆ホテル國富 アネックス
◆親不知観光ホテル
◆笹倉温泉 龍雲荘
◆柵口温泉 権現荘
◆焼山温泉 清風館
◆ホテル ゑびや

※予約は、必ず「現地決済」としてください。
 カード決済などでは旅行券が使えませんのでご注意ください!

るるぶトラベル

楽天トラベル

じゃらん

ヤフートラベル




posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟県糸魚川市ふるさと旅行券を2017年2月8日追加発売!|糸魚川市復興・観光情報

【追加販売情報】初回販売が大好評につき、2月8日(水)に追加販売となりました。糸魚川市ふるさと旅行券が使えるおすすめのホテルや旅館も紹介中!

 2016年12月22日に150棟以上を焼損する大規模火災に見舞われた新潟県糸魚川市は、2017年1月20日に「糸魚川市ふるさと旅行券」を全国の主要コンビニに設置されているチケット販売機にて発売します。5,000円の旅行券(宿泊券)を2,500円で販売、2017年2月1日(水)から4月28日(金)までの期間で利用可能です。また、3月11日(土)までの期間であれば、「糸魚川荒波あんこうフェア」を開催中です。旅行券は、糸魚川市民の方も購入可能です。ぜひ活用して、うまさぎっしり新潟の旅を楽しんでください。

※当サイトの読者の方より、旅行券の情報をいただいての掲載となります。ありがとうございました。

itoigawa.png

 それにしても火災の規模は半端なかったですね。これだけの規模の火災で死者がなかったのはなによりでした。今回の火災では、県内最古(1650年創業)の「加賀の井酒造」の酒蔵が焼けるなど被害額は数十億円に及ぶようです。昔、いとこの家が火災に巻き込まれて全焼しましたが、出火元の家から損害賠償金は1円も貰えなかったそうです。日本には、「失火法」という法律があり、重過失がないと失火者の賠償責任を問えないと定められています。火事の被害は、自分で守るのが基本ですので、皆さんもこれを機に防火対策や保険など見直してくださいね。

○小滝川ヒスイ峡
itoigawa2.png

 本題に戻します。新潟県糸魚川市は、ヒスイの町として有名で、日本随一のヒスイの産地「小滝川ヒスイ峡」は観光地としても人気があります。ここでの岩石採取はできませんが、近くのヒスイ海岸や親不知海岸では、ヒスイ探しのスポットとなっています。また、小滝川ヒスイ峡をはじめ市内には24のジオサイト(地質や文化・歴史を感じることができる場所)があり、それらをめぐることで、日本列島の形成や糸魚川の文化・歴史を楽しく学ぶことができます。

>>>観光スポットの詳細は、糸魚川観光ガイドにて

 食では、新潟県らしく美味しいものが充実しています。特にこの時期は、あんこうが最高で2017年1月21日(土)から3月11日(土)までの期間、糸魚川荒波あんこうフェアを開催しています。あんこう鍋を囲んで最高の日本酒を楽しんでください。

>>>糸魚川荒波あんこうフェア・祭り公式サイト


以下、糸魚川市ふるさと旅行券の詳細です。

■第2回販売分 2/8追加分
 下記に紹介済の第1回分と同内容の旅行券です。異なる部分だけ記載しておきます。
【販売枚数】2,000枚
【販売日】平成29年2月8日(水)10:00〜

観光情報・旅行券購入方法については、以下のサイトを参照ください。
>>>糸魚川市ふるさと旅行券について

>>>糸魚川市旅行券公式サイト

 旅行券は、旅行予約サイト経由の宿泊にも利用可能です。旅行予約サイトごとの宿泊施設一覧を参考に掲載しておきます。旅行券の利用可能な施設については、上記の公式サイトでご確認ください。

>>>るるぶトラベルの宿泊施設一覧

>>>楽天トラベルの宿泊施設一覧


>>>じゃらんの宿泊施設一覧

旅行券が使えるおすすめの宿泊施設については、こちらの記事で紹介しています。

>>>糸魚川市ふるさと旅行券 おすすめのホテル・旅館など宿泊施設


■第1回販売分(完売)
【販売価格】5,000円の宿泊券を2,500円で販売
【販売枚数】4,000枚
【販売方法】コンビニエンスストアのチケット販売機で販売 
(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクス)
【販売日】平成29年1月20日(金)0:00〜
【使用期間】平成29年2月1日(水)〜4月28日(金)チェックイン分まで
【使用条件】一人1泊2枚まで(3連泊分まで使用可)
※10,000円未満の宿泊については1枚、10,000円以上の宿泊については2枚使用できます。
※宿泊代金が5,000円未満の場合は使用できません。

その他、宿泊対象施設などは公式サイトにてご確認ください。
>>>糸魚川市公式サイト


旅行券が使えるおすすめの宿泊施設については、こちらの記事で紹介しています。

>>>糸魚川市ふるさと旅行券 おすすめのホテル・旅館など宿泊施設






posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月10日

28年3月3連休にも使える新潟県ふるさと割クーポン登場!!

 るるぶトラベルより3月21日までの宿泊に使える新潟県のふるさと割クーポンの登場です。2人までの旅行なら一人あたり5,000円、3〜4人の旅行だと一人あたり10,000円の割引が受けられます。2月まで実施していた割引キャンペーン「うまさぎっしり新潟の旅」を申し込んだ方も利用可。旅行終了後の簡単なWEBアンケートに答えるのがクーポン利用の必須条件となっています。3月は和歌山や神戸市といった限られた地域のみとなっているクーポン配布、新たな地域の参入は嬉しいですね。3月19〜21日の3連休にも使えるので是非ご検討を。キャンペーンのキャンセル分等の残り予算のため、クーポンの数がわずかと思われます。申込はお早目に。

《3月12日追記》
・近畿日本ツーリストでもツアー好評販売中!!
・14日に楽天トラベルからもクーポン配布決定!!

niigata_61.png

 以下、クーポンの詳細です。

《対象者》
 新潟県外に在住の方。

《割引額》
・1名利用、10,000円(税込)以上の宿泊で5,000円割引
・2名利用、20,000円(税込)以上の宿泊で10,000円割引
・3名利用、60,000円(税込)以上の宿泊で30,000円割引
・4名利用、80,000円(税込)以上の宿泊で40,000円割引

《予約及び宿泊対象期間》
 2016年3月10日(木)〜2016年3月21日(月・祝)

 11日(金)まで実施している『春の大感謝祭タイムセール』のプランへの申込みも可能です。スキー場施設で使える割引チケット付きプラン等もあり、ウィンタースポーツを楽しみたい方にもお勧めです。

>>>クーポンの詳細、予約申込はこちら


>>>近畿日本ツーリストのツアーはこちら


>>>楽天トラベルのクーポンはこちら






posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(2) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月07日

「うまさぎっしり新潟の旅」第3弾の申込受付1月8日開始。

 1月5日に2期の受付が終了したのも束の間「うまさぎっしり新潟の旅」第3弾2月感謝キャンペーンの申込受付が1月8日(金)10時より始まります。第2弾の時にあった「第1弾の申込をしていない新規申込の方」という条件はなくなったようで、誰でも申込可能になっています。お得なのは、1泊につき最大2万円までの割引を受けることができる平日の旅行。土曜・休前日の予約の場合は、割引額は最大5,000円となります。ともに前回のキャンペーンと同様、観光施設等で利用できる特典券(3,000円以上の利用で1,000円OFF)が一人に付き2枚交付されるという嬉しいおまけ付きです。残り少ない予算、希望される方はできるだけ早く申込みしてください。

niigata_31.png

 1月15日にじゃらんからのクーポン配布をお知らせしたばかりの新潟県。クーポンの詳細も気になりますが、平日申込なら充分すぎるくらいお得な割引額ですね。


niigata_35.png

《対象者》
 個人であれば、誰でも可。

《割引額》
 宿泊代の半額(1,000円未満切捨て)を助成。

 ※一人1泊につき20,000円が助成の上限。
 ※1申込につき10名まで、同一宿泊施設の利用は2泊まで。

(例)1泊15,000円なら15,000÷2=7,500円
1,000円未満切捨てとなるため7,000円割引となります。

《宿泊の対象期間》
 平成27年2月1日(チェックイン分)〜平成28年3月1日(チェックアウト分)

 ※土曜・休前日は割引対象外です。


niigata_36.png

《対象者》
 個人であれば、誰でも可。

《割引額》
 宿泊代の半額(1,000円未満切捨て)を助成。

 ※一人1泊につき5,000円が助成の上限。
 ※1申込につき5名まで、同一宿泊施設の利用は1泊に限る。

(例)1泊13,000円なら13,000÷2=6,500円
1,000円未満切捨てとなるため6,000円、
(上限を超えているため)5,000円が割引額となります。

《宿泊の対象期間》
 【2月】 6日、10日、13日、20日、27日
 

【両キャンペーン共通事項】

《申込期間》
 平成28年1月8日〜(予算がなくなり次第終了)
 ※ただし、宿泊日の14日前までに限る。

《うまさぎっしり新潟の旅の利用方法》
1.宿泊施設を予約する。
2.特設サイトで割引の申込み(WEBまたは往復ハガキ)
3.宿泊割引証が自宅に届く(特典券と特典券ご利用施設ガイドブック同封)
  ※届くまでに2週間ほどかかります。
4.宿泊施設チェックインの時に宿泊割引証を提示する。

《注意点》
〇利用方法2.の割引申込は宿泊日より14日前でないとできません。つまり宿泊施設の予約は14日以降の日で行う必要があります。
〇2つのキャンペーンで利用できる日が異なります。割引対象期間カレンダーで確認し、予約時に間違いのないようにしてください。


niigata_37.png

[専用ページ]マークのついているサイトは、特集ページがあり、割引適用される宿泊施設が一覧表示されるので便利です。そのページがわかるようリンクしていますのでご利用ください。

〇特集ページのないサイトはふるさと割のページにリンクさせていますが、どのページからでも新潟の宿さえ予約すれば問題ありません。ただし、キャンペーン対象施設であることをキャンペーン特設サイトで必ず確認してください。

〇主に当サイトで紹介してきた大手旅行会社を以下にピックアップしていますが、その他にも利用可能な旅行会社があります。キャンペーン特設サイトで確認してください。


まず最初の作業が宿泊施設の予約です。1月8日すぐに申込みをしたい方は、7日のうちに予約をしてすぐに申込みできる準備をしておいてください。

JTB [専用ページ]
※新潟用のバナーを選択。


るるぶトラベル [専用ページ]


じゃらん [専用ページ]


近畿日本ツーリスト [専用ページ]


楽天トラベル [専用ページ]


日本旅行


阪急交通社


《キャンペーンの詳細及び利用可能な宿泊施設》
キャンペーン特設サイト
 対象施設、特典券の詳細、申込状況のバロメーターなど確認できます。一度は必ず目を通しておきましょう。




posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする