2017年02月21日

2017年度(H29年度)のふるさと割はどうなる?ふるさと旅行券を考察。

 2017年度(平成29年度)のふるさと割・ふるさと旅行券の発売についてどうなるか?昨年も年末に個人的な見解を発信しましたので、今年も改めて予想したいと思います。

 見解なんぞよりお得情報を求めてこられた方は、トップページよりどうぞ。

29furusato_01.png

 まずは、2016年度を振り返ってですが、なんといっても「九州ふっこう割」が盛況でした。4月に発生した熊本地震で打撃を受けた九州の観光支援が目的でしたが、7〜9月の第1期分で速報値ながら約147万泊に達したそうです。第1期分と第2期分(10〜12月)と合わせた目標は150万泊だったので、9月までにほぼ達成したことになります。そして、10月には鳥取県を震度6弱の地震が襲いました。「鳥取ふっこう割」を政府主体で実施するかは、これからの検討となりますが、鳥取県内のいくつかの自治体が独自にふっこう割クーポンの配布を行いました。いずれも復興が目的なので、喜べるものではありませんでしたね。

 2016年春には、プレミアム商品券やふるさと旅行券の発売が政策の骨子に組み込まれていましたが、8月2日に閣議決定された経済対策にて、見送る方向となりました。群馬県など2015年度のふるさと割事業が盛況だった地域は、自治体の予算で2016年度も旅行券を発行するのではと予想していましたが、残念ながら至りませんでした。

 2016年度、商品券や旅行券の発行政策が見送りとなっただけに、2017年度も大体的というのは難しいかと思います。独自で実施する自治体はあるでしょうし、2016年度の平行線といったところでしょうか。ふっこう割はない年であって欲しいものです。地震はこりごりです(^^♪。自治体は、ふるさと割がなくとも観光客が集まる観光資源を生み出す力が求められます。観光業界全体が、さらなる試練の年になりそうです。

◆2017年1月以降の九州ふっこう割について
 九州ふっこう割は、2016年12月をもって終了となります。上記にも記載したように当初の目標値をはるかに超える結果となりましたので政府としては延期する必要がありません。ただ、熊本県内の一部の地域では、ふっこう割の恩恵を充分に受けられず、今後の復興支援を必要としています。2017年以降の継続の要望書を政府に提出している地域もあるので、自治体単位でなんらかの形で観光支援がなされる可能性はあります。

■2017年2月22日追記
2017年度のプレミアム商品券の情報はこちらで更新しています。
2017syouhin.png



****** 以下、2015年12月に記載した記事となります ******

 大晦日いかがお過ごしでしょうか?今年1年の私の生活を振り返えると、やはりこの「ふるさと割事業」とは切り離せない1年となりました。今年3月に当サイトを開始して以降、特に6月くらいからは本格的に忙しくなり、多くの方に記事を読んでいただきました。旅行会社や自治体の方から直接掲載依頼があったり、新聞社やテレビ局の方から調査や取材もあったりで、個人ブログにはもったいないほどの交流が生まれました。まずは、訪れていただいた皆様に厚くお礼申し上げます。

《平成28年3月15日追記》
28年度のふるさと割 最新情報はこちらの記事にて


28furusato_01.png

 さて、本日は「ふるさと割事業」の1年を振り返って、平成28年度以降の観光事業を考えたいと思います。11月くらいから来年度の旅行券発売はどうなる?という質問メールがあったり、旅行会社の方とその話題について話す機会が度々ありました。メールには簡単に個人的見解を返信させて頂いているのですが、せっかくなので記事として書かせていただきます。難しい話でなく、こうなれば良いのにという意見程度だと思ってください(^^♪

 平成26年末に2014年度補正予算として「地域住民生活等緊急支援交付金」という予算が配賦されました。この事業の一つ「地域消費喚起・生活支援型」と呼ばれるものに約2,500億円の予算が確保されました。名称通り「自治体が実施する地方における消費喚起策や住民の生活支援策に国がお金を支援しますよ」というものです。この事業の中には、今年全国で話題となった「プレミアム商品券」があり、予算約1,600億円が充てられました。「ふるさと名物商品券」「ふるさと旅行券」を扱う事業にも約600億円の予算が充てられました。

 かくして平成27年度より多くの自治体でふるさと名物や旅行券の販売が始まったわけですが、まずは石破茂地方創生担当大臣のお膝元鳥取県が先駆けとなり「とっとりで待っとるけん」が4月に発売され、わずか4分で完売というニュースが話題になりましたね。その後、全国的に広がり本日に至っていますが、販売のピークは6〜8月だったと思います。

28furusato_02.png

 今年は、旅行券のほかにも「インバウンド」という言葉にも注目が集まり、訪日外国人旅行客数が過去最高を記録しました。それに連動し「民泊」や中国人による「爆買い」というキーワードを何度も耳にしたかと思います。「旅行・観光」というジャンルにこれほどスポットが当てられた年はかつてなかったのではないでしょうか。国内の観光事業はこれらがきっかけとなり、大きな特需となりました。

 さて、私も気になる平成28年度のふるさと割事業の展開ですが、まずは予算的な部分から考えると今年の規模で継続するのはまず不可能です。これは、話をしていた旅行会社の方も同意見でした。来年度の新設予算で観光事業のメインとなりそうな「地方創生の深化のための新型交付金」が案として組まれていますが全体で約1,080億円、自治体が半分を負担するので事業規模ではその倍ですが、観光事業に利用されるのはその一部ですので今年ほどの予算確保は期待できません。

 ただ、今年のふるさと割事業が大きな効果をもたらした自治体は、自らの予算(自治体である程度自由に使える予算)をつぎ込んで継続する可能性があります。そもそも茨城県や奈良県などの一部の自治体では数年前からプレミアム宿泊券をそれらの予算を用いて発行しています。なので平成28年度のふるさと旅行券の発売は、今年度よりかは減るが、平成26年度以前と比べると増えるというのが私の見解です。

〇過去に販売されたプレミアム宿泊券
28furusato_03.jpg

 新聞・雑誌でプレミアム商品券、ふるさと割がばらまきだ!選挙の票集めだ!不公平だ!という記事も多くありますが、震災や災害にあった地域の観光業界にとって復興のチャンスとなったのも事実です。今年、いくつかの観光協会の方とお話する機会がありましたが皆さん同じように「今年はきっかけに過ぎない。課題は来年度以降にどうつなげるかです。」とおっしゃっていました。かつてのようにばらまいて終わりにしてはいけないという想いを多くの関係者が持たれているので、生きたお金になり始めているのではないでしょうか。

 最後に個人的な感想を言いますと、事業継続は大いに結構ですが、正直今年以上のペースになるとブログを継続するために会社を辞めねばなりません(>_<)。なのでもう少し穏やかなペースで継続して欲しいと思っております(^^♪。

 事業も終盤となりましたが、1月にはクーポン配布がありますのでぜひ活用してください。現在調査協力させていただいているメディアもあるので注目度はまだまだ高いです(特集されるかは未定です)。こちらは記事にして良い許可が取れましたら、紹介したいと思っています。お得な情報もできる限りお伝えしたいと思っていますので、来年も当サイトをよろしくお願いいたします。



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(2) | 注目のふるさと割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月22日

平成28年度の助成金付き旅行についてインタビューを受けました。

 先日、来年度のふるさと割(のようなお得な旅行)についての収録が無事完了しました。正確に言うと無事ではないです。というのもこのサイトをやっていることを会社に内緒にしている関係上、お面を付けてインタビューを受けたのですが、「表情がわからないのでオーバーアクションでお願いします」とのこと。身振り手振りを付けてくれと言われるのですが、ふるさと割の話で身振り手振りって・・・(;´д`)。結構おかしなキャラになったような気がします。

TV_00.png

 番組側からの依頼で番組名は放送日まで公開できません。放送日は4月中旬予定、関西地方+一部の地域限定です。バラエティー番組で旅行を企画、27年度好評だった「ふるさと割」が28年度も続くのか?という疑問から、私へのインタビューにつながります。27年度「ふるさと割」に注目されていたことから、いち早く番組に情報を組み込まれたようです。旅行会社や観光協会では、限定した回答しかできないので私のようにフリーのブロガーが良かったんだと思います。

 インタビューでは来年度のお得情報があるかを答えましたが、このサイトではいち早く皆さんへお届けしているので目新しい情報ではないです。今の段階では、予定している自治体があることはわかっていますが、具体的に商品がいつから販売されるのかは未定の段階です。放送日当日は、『す・またん!ZIP』の時のように訪問者にたくさんの情報をお届けできれば良いのですが、4月中旬だとそれも難しい気がします。放送時間と同時に、訪問者向けの記事をUPしますので、その時に紹介できるネタを調査中です。

 今後もメディア、旅行会社、観光協会らとできる限り協力し、「お得情報」を広くお伝えできればと思っています。この冬以降、3件のメディアに協力させていただきましたが、時期も悪くうち2件は放送に至りませんでした。ようやくボツにならず、放送が決定したので個人的にもほっとしています。(しかもサイトを紹介していただけるのでありがたく思っております(^^♪。)

 

 
posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 注目のふるさと割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月21日

ふるさと割効果は?2016年春の人気旅先ランキング発表

 楽天トラベルより「2016年春、人気急上昇の旅行先ランキング トップ10」が発表されました。2016年3月1日(火)〜2016年4月28日(木)の国内予約人泊数をもとに前年同期比を算出、調査日は2月25日です。ふるさと割はほぼ2月で終了となっていましたが、3月も継続していた都道府県もあるのでそれらのランキングが個人的には気になるところです。

2016ninki_tabi00.png

以下、ランキング。括弧内は前年同期比。

1位 福井県(+68.7%)
 北陸新幹線の開業に伴う観光客の増加が福井県にも及んでいるようです。特に日本遺産の認定を目指す「一乗谷朝倉氏遺跡」がある福井市が躍進。同遺跡は、桜の名所(ライトアップイベントあり)としても知られるので4月は特にお勧めです。

2016ninki_tabi01.jpg

2位 和歌山県(+57.8%)
 インバウンド観光客の増加や対象期間が3月までであったふるさと割の効果が反映した結果、昨年に続いて全国2位の人泊数の増加率を記録。明治時代、600人近い死者を出した、オスマン帝国軍艦「エルトゥールル号」遭難事件を題材にした映画の舞台となった串本地区は前年同期比113%増。平成28年は、大河ドラマ『真田丸』の影響もあり、真田親子蟄居の地「九度山」なども注目を浴びそうですね。

3位 鳥取県(+55.1%)
 冬季シーズンは「蟹取県」として話題を呼んだ鳥取県。ふるさと割クーポンの配布効果も後押しし、冬季も人気でしたが春以降もその人気が途切れることなく続いているようです。松江自動車道の全線開通や鳥取自動車道の無料化により、関西をはじめ中国地方域内からの流入が増加。今後も目が離せない県の一つですね。

 詳細や4位以降の都道府県については以下のサイトを参考にどうぞ。

>>>人気急上昇の旅先ランキング詳細はこちら


 27年度は、石川県・富山県・福井県の北陸3県が注目を浴び大人気でした。ふるさと割がなくなる28年度のランキング推移も気になります。今後も定期的にお知らせしたいと思います。



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 注目のふるさと割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月01日

平成28年3月に利用可能なふるさと割特集!

 平成28年度のふるさと割事業もついに最後の3月を迎えました。ほぼ2月で終了ですので、各旅行予約サイトのクーポン配布状況はかなり寂しい状況です。そんな中でも3月に引き続き、ふるさと割が使える自治体がわずかですがありますので、ご案内しておきます。約1年毎日のように調べたふるさと割ですので、私も最後まで紹介しようと思います。もしかすると来年度のふるさと割事業の予定もこの3月にちょこっとくらい出てくれて紹介できないかなと淡い期待も抱いております。

【ここで支援していただいた皆様にご挨拶】
 このサイトをお気に入り登録して何度も見に来てくださった読者の方々、本当に長い間ありがとうございました。一つの節目として改めてお礼申し上げます。『全国プレミアム付き宿泊券ナビ』なんていうサイト名にしてしまったので今となっては少し後悔しております(>_<)。『お得なクーポンナビ』にしておけばプレミアム旅行券の販売予定がなくても継続できそうですが(^^♪。まぁ今後どんな感じになるのか、見に来ていただければと幸いです。

furusato_2803.png

【旅行用クーポン】
 ヤフートラベルでは、3月3日に兵庫県神戸市と広島県のクーポンが配布されました。

以下、配布予定日
 7日(12:00〜)和歌山県
14日(12:00〜)和歌山県
17日(12:00〜)兵庫県神戸市・広島県
22日(12:00〜)和歌山県
24日(12:00〜)神奈川県・兵庫県神戸市
28日(12:00〜)和歌山県
>>>ヤフートラベルのクーポンはこちら


 るるぶトラベルでは、兵庫県神戸市と和歌山県新宮市(レンタカー予約)に利用できるクーポンも配布中です。るるぶトラベルでは広島県のクーポンも3月の利用ができたのですが、あいにく配布終了となっています。

以下、配布予定日
10日 新潟県
16日 兵庫県神戸市
>>>るるぶトラベルのクーポンはこちら


 2月29日にヤフートラベルから配布のあった和歌山県のクーポン。本日3月1日に楽天トラベルより配布予定です。ヤフーは即日完売でしたので、楽天トラベルでの予約を検討されている方は開始時間の10時にスタンバイしておいてください(^^♪。

以下、配布予定日
14日 新潟県
>>>楽天トラベル 和歌山県のクーポンはこちら



じゃらんでは、静岡県東伊豆町熱川のクーポンが3月も利用可能!ですが、配布終了となっているのでキャンセル待ち状態です。

以下、配布予定日
11日 岩手県
>>>じゃらんのクーポンはこちら



【ツアー予約】
 JTBでは、山形県のツアーを販売中。3月〜4月最初の土日にも利用可能です。予約はメール、電話、店舗で行うことになります。

>>>JTBのツアー予約はこちらから


 日本旅行は2月をもって完売となりました。阪急交通社で神奈川県、新潟県、富山県、兵庫県神戸市、和歌山県へのツアーが予約可能となっています。
※3月11日現在、阪急交通社は神奈川県、神戸市のみとなっています。
>>>阪急交通社のツアー予約はこちら


 近畿日本ツーリストでは、和歌山県のツアーあり。奈良県のバスツアー『日本一の路線バスと世界遺産 天空の郷・果無集落』を販売中です。路線バス運賃キャッシュバックキャンペーン対象商品で所定の手続きをするとバス代がキャッシュバックされます。(手続き方法はサイトに記載されていますのでそちらを参照ください。)
※3月18日現在、福井県、新潟県のふるさと割も販売あり。
福井県
>>>近畿日本ツーリスト福井県のふるさと割はこちら

新潟県
>>近畿日本ツーリスト新潟県のツアーはこちら

奈良県のバスツアー(バス代キャッシュバック)
>>近畿日本ツーリスト奈良県のツアーこちら


【名物商品のお取寄せ】
 確認中の自治体もあるので、随時更新していきます。

青森県
>>>いいものいっぱい弘前

宮城県
>>>石巻いっぴんマーケット ※3/15まで

山形県
>>>庄内なんでも屋

群馬県
>>>CASA(カーサ)群馬 ※3/31まで

徳島県
 木製家具や木製雑貨が充実。
>>>MADE IN TOKUSHIMA SHOP(楽天ショップ) ※3/13まで

>>>MADE IN TOKUSHIMA SHOP(ヤフー店) ※3/13まで



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 注目のふるさと割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月22日

リビング新聞「助かりました大賞」でふるさと割が金賞受賞!!

 平成27年9月以降に発売された新商品や、始まった新サービスなどから、主婦が「助かった!」と思うものに投票する第22回リビング新聞「助かりました大賞」の一般・サービス部門で「プレミアム商品券、ふるさと旅行券、ふるさと名物商品」が見事、金賞を受賞しました。

tasukarimashita.png

 この賞は、全国の主婦が、「コレがあって」助かりました!というものやサービスに1票を投じてランキングされ、延べ10万614人の声により決定されたものです。「食品・飲料部門」「家庭用品部門」「美容・健康部門」「一般・サービス部門」の各部門より上位3つが入賞となります。

 ちなみに一般・サービス部門の銀賞は「セブンカフェドーナツ」、銅賞は「おにぎらず」という結果でした。

>>>その他、詳細はリビング新聞ホームページにて。



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | 注目のふるさと割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする