2018年04月15日

ふるさと納税 旅行クーポン2018年決定版! H.I.S.ギフトカードがおすすめ

 ふるさと納税の返礼品でおすすめの旅行券の紹介です。佐賀県みやき町が2018年4月より返礼品とした「HISギフトカード」は、寄付金額に対して半額分の還元を受けられます。全国のHISの支店やハウステンボス内での支払に利用できるという使い勝手さに加え、還元率50%とたいへんお得な返礼品です。昨年、総務省が全国の自治体に通知した返礼品・返礼率の見直しにより、ほとんどの自治体が還元率が30%以下に抑えるうごきの中、破格の還元率です。この機会をお見逃しなく。

his-giftcard1.png

 みやき町の返礼品の豪華さは他の自治体と比較しても突出しています。ティファニーの宝石、4K・8Kテレビなどの電化製品、商品券などいずれも還元率40%前後に設定されています。なかでも今回のHISギフトカードは最高ですね。昨年末に岐阜県池田町、3月に神奈川県寒川町が日本旅行ギフトカードを返礼品として大人気でしたが、今回はさらに利用者が多いHISなので旅行好きの方にはたまらない逸品です。

 ギフトカードは、H.I.S.国内各営業所、特約代理店、ハウステンボスなどで利用可能です。決済までWEB上で完結するインターネット予約では利用できないですが、ネットで予約、店舗で支払いであれば使えます。HISが運営しているため、ハウステンボスで使えるのも良いですね。

※お釣りが出ないのでご注意ください。

 その他の条件は、必ず以下のサイトでご確認ください。

H.I.S.ギフトカードについて

 HISでは様々なキャンペーンを実施しているので、お得な旅行プランをお探しください。(申し込みからギフトカードが届くまで時間がかかるようなのでご注意ください。

H.I.S.の旅行プラン

his-giftcard2.png

 ギフトカードはふるさと納税サイトの「ふるなび」と「ふるさとプレミアム」から申込み可能となっています。お時間あれば他の返礼品もご覧いただければと思います。総務省が今年4月に自治体宛に出した通知には「地場産品しか返礼品にしないように」という新たな一文がありました。みやき町大丈夫?という感じなので、申し込めるうちにふるさと納税をしておきましょう。

ふるさとプレミアムで申し込み

ふるなびで申し込み





posted by 誠太郎 at 19:00 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月12日

ふるさと納税 旅行券 2018年版 温泉総選挙の人気温泉地特集|人気おすすめ宿泊券

 2017年のふるさと納税で返礼品として旅行券(感謝券・宿泊券)を用意している自治体をランキング形式で紹介します。ランキングは、昨年開催された「温泉総選挙」でエントリーした1,434の温泉地の中から見事上位入賞した温泉を元にしました。白熱する自治体の返礼品競争に対して、2017年4月に総務省がついに「返礼品の還元率を寄付金額の3割以内」とするよう全国の自治体に通達することを決定しました。見直し後は、現在4〜5割ほどの還元率でもらえる旅行券も3割以下となりますので今年のふるさと納税は早めに行うことをおすすめします。

【最新情報】 神奈川県寒川町が2018年3月限定で「日本旅行ギフトカード」を返礼品としています。国内旅行、海外旅行どこにでも行けるとあって大人気!3月21日までの受付となりますが、早期終了の可能性もあるので、早めに申し込んでおきましょう。

神奈川県寒川町への寄付


※本記事は、総務省による返礼品の還元率見直しのニュースを受け、過去に掲載した内容を2018年版に改訂しています。例えば10万円の寄付をした場合、5万円分の旅行券を返礼品として受け取れる自治体も見直し後は3万円以下となる可能性が高いです。金券類は特に見直しが実施される前に入手しておくことをおすすめします。

onsen_sousenkyo_1.png

 2016年に開催された「温泉総選挙」をご存知でしょうか?うるおい日本プロジェクトが主催(環境省と観光庁が後援)する選挙で、1,434の温泉地がエントリーし開催されました。泉質の効能や宿泊施設・商店街の取り組み、自治体主体のPR活動などを基準として、優れた温泉地が決定されます。2015年の全国的なふるさと旅行券ラッシュ、2016年の九州ふっこう割などがなくなった2018年は、ぜひふるさと納税でお得な旅行を計画してください。

 『温泉総選挙』は、2016年が初めての開催です。個人的には、某アイドルグループの総選挙より何十倍も気になる選挙でした(^^♪。各賞は8部門からなる部門賞と8部門のメディア賞が用意されていて、部門賞受賞の温泉地の中から「環境大臣賞」が選出されます。栄えある第1回環境大臣賞は、島根県松江市の玉造温泉でした!!今回は、選考委員会による選出でしたが、2017年は国民投票も行うそうです。ん?何かに似てきた気が・・・

 ふるさと納税は、詳しく書きませんがざっくり言えば、ふるさと納税(寄付)したら自治体からお礼の品(返戻品)が貰えますよ。寄付したお金の大半は、年末調整の所得税と来年の住民税で還元しますよという制度です。うまくやれば2,000円で特産品や旅行券(感謝券)がいただけます。高収入になればなるほど、やらなきゃ損する制度ですが、面倒くさいイメージがあるのか納税者の1割程度の方しかやっていないそうです。私も毎年やっていますが、返戻品を選ぶのは楽しいです。たくさんの中から選ぶのが面倒だという方は、米にでもしておけば良いかと思います。必ず食べますし、長持ちします(^^♪食べ物が嫌なら、旅行券や食事券がおすすめです。

 ランキングは、リフレッシュ部門より紹介します。温泉紹介は、「温泉総選挙」のサイトや温泉地の公式サイトでご確認ください。

onsen_rank.png

1位 群馬県利根郡みなかみ町 みなかみ18湯
takaragawa.png
 宝川温泉や法師温泉など名湯がずらり。見事1位に輝いたみなかみ町では、寄附金額の半額分のふるさと納税感謝券「みなかみハピネスチケット」がもらえます。

>>>群馬県みなかみ町へふるさと納税


2位 鹿児島県霧島市 霧島温泉
kirishima.png
 鹿児島といえばこの温泉を挙げる方が多いのではないでしょうか。ホテルや旅館ごとの宿泊券があります。

>>>鹿児島県霧島市へのふるさと納税


3位 大分県別府市 別府八湯
beppu.png
 大分より湯布院と並ぶ別府温泉が入賞です。

>>>大分県別府市へのふるさと納税


4位 群馬県吾妻郡中之条町 四万温泉
shima.png
 湯治場として注目を集めています。ジブリ作品『千と千尋の神隠し』のモデルになった温泉宿、「積善館本館」があります。

 中之条町へ寄付をすると半額相当の旅行券(感謝券)とおまけに「地元の特産品」がついてきます。
 返礼品の見直しにより、2017年10月以降は、3割相当の旅行券のみとなる予定です。詳しくはこちらの記事にて紹介しています。

>>>群馬県吾妻郡中之条町へのふるさと納税


5位 長野県松本市 白骨温泉
shirahone.png
 市内22の公共施設が入場無料となる「公共施設ご招待券」が返戻品として準備されています。招待券が利用できる白骨温泉公共野天風呂は、残念ながら平成30年3月まで休業中となっています。

>>>長野県松本市へのふるさと納税


 群馬県より見事2つの温泉地が入賞しました。あれ?草津温泉は??と思った方もいるかと思いますが、こちらは「ファミリー部門」の第1位に輝いています。草津町への寄付で、寄付金額の半額分の感謝券「くさつ温泉感謝券」がもらえます。

 こちらも返礼品の見直しにより、2017年10月以降は、返礼率5割から3割へ見直しです。
>>>群馬県吾妻郡草津町へのふるさと納税

 CMでもお馴染み「さとふる」でも温泉地特集を掲載していますので、合わせてチェックしてください。
全国の人気温泉特集ページ


◆2017年12月限定で岐阜県池田町が、還元率50%の日本旅行ギフトカードを返礼品として用意しています。利用期限なし!国内・海外旅行に使えて大変便利です。以下のサイトから限定で申し込み可能です。まずはチェックを!!

ギフトカードへの申し込み

 ふるさと納税方法により期日などが設定されています。必ず、事前にお知らせを確認してください。

池田町からのお知らせ



 「寄付金控除」が最大限に適用される寄付金の控除上限額は、年収や家族構成、お住いの地域などによって異なります。詳しくシュミレーションしたい場合は、以下のサイトをご利用ください。

>>>控除上限額のシュミレーションを行う

 温泉総選挙の詳細は、公式サイトでどうぞ。温泉地名をクリックすると自治体の観光サイトへジャンプできるので便利ですよ。

>>>温泉総選挙2016 公式サイト

 ふるさと納税 沖縄県特集も掲載しました。

>>>沖縄県の特集ページはこちら


■□■ おまけ ふるなびグルメポイント ■□■
 上記でリンクしているふるさと納税のポータルサイト「ふるなび」では、ふるさと納税をすることで高級レストランでの食事に利用できる「ふるなびグルメポイント」がもらえる自治体があります。松阪牛専門店などで豪華な食事が楽しめるので旅行券と同様、おすすめの返戻品です。

>>>詳しくはこちらの記事へ




温泉総選挙2017については、こちらの記事へ
onsen-2017-bn.png
>>詳細記事はバナークリック<<


 当サイトと相互協力中のまいふるさと.comでは、ふるさと納税(特に旅行券や食事券)を体験記も交えて特集されています。

(外部サイト)まいふるさと.comの特集ページへ
my-furusato.png



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月06日

東日本大震災の被災地を復興支援 ふるさと納税・買い物で応援!2018年

 2018年(平成30年)3月11日にマグニチュード9.0という未曾有の大地震を記録した「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」、通称「東日本大震災」から7年を迎えます。多くの方々が亡くなり、今なお元の生活に戻れない被災者、復興途中の地域が多く残っています。本日は、「復興」をテーマに旅行ではなく、ヤフーショッピングなどで地元の名物や特産品を購入することで支援する方法をいくつか紹介します。かつての購入額が3割お得になるような「ふるさと割」はないですが、ほぼ負担なく様々なものを取り寄せ、支援ができる「ふるさと納税」といった制度もありますので、この機会にぜひ活用してください。

*東日本大震災により、お亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。また、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

tohoku-furusatoyell.png

 地震直後の津波の映像は、いつ見てもなんとも言えぬ気持ちになります。今まで築き上げてきたものや大切なものが一瞬で奪われるわけですから、自然災害を前に人間はなんとも無力です。ただ、7年後の街の姿を見ると人間の強さを感じます。毎日の積み重ねの大切さを改めて考えさせられました。

 現在、ヤフーショッピングでは「買い物はモノだけではない。応援です。」をスローガンに『東北エールマーケット』という特設サイトがあります。東北の食や物づくりを特集していて、ランキング形式で人気商品もわかりやすく掲載されています。農作物、海産物、日本酒、伝統工芸品、オリジナル商品などなど東北地方の素敵な一品をぜひ見つけてください。

東北エールマーケット会場

nipponselect.png

 また、全国の特産品を販売するニッポンセレクトもおすすめです。岩手県や宮城県の特産品も充実しています。ヤフーショッピング店もあるので、ヤフーユーザーの方はそちらでどうぞ。

ニッポンセレクト

ヤフーショッピング店

migakiichigo.png

 津波で大きな被害を受けた宮城県山元町が、復興への願いをこめて作ったミガキいちご。「食べる宝石」と呼ばれる最高のイチゴです。ワインもおすすめ!

ミガキイチゴ


shinsai-tohoku.png

 続いてふるさと納税です。制度については端折られていただきます(^^♪
ざっくり言えば、「上手に自治体へ寄付すれば実質2,000円で色々な特産品などが貰えますよ」というもので、詳しく知りたい方はこちらの「ふるさと納税とは」をご覧ください。全ての自治体を網羅することはできませんが、津波による大きな被害を受けた地域で、比較的多くの返礼品がある自治体を紹介します。(ふるさとチョイスやさとふる、ふるなび、楽天ふるさと納税らにリンクしています。)

◆岩手県
岩手県陸前高田市

岩手県釜石市

岩手県宮古市

◆宮城県
宮城県石巻市

宮城県名取市

宮城県東松島市

◆福島県
福島県いわき市



 南相馬市が全国の企業と提携し、ファッションやベビー用品、アウトドア用品などのブランド品を返礼品として復興支援のための資金をふるさと納税で集めるノマスタイルには、毎年多くの寄付が集まります。

noma-style(福島県南相馬市)


 その他の自治体はこちらで検索可能です。
◆知名度No.1 さとふる
東北地方の自治体(さとふる)

◆家電が揃う ふるなび
東北地方の自治体(ふるなび)

◆全国の自治体を紹介 ふるさとチョイス
東北地方の自治体(ふるさとチョイス)



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月03日

【2018年3月限定】ふるさと納税 海外・国内旅行に使える還元率50%の旅行券!神奈川県寒川町

 2018年もお得に旅行ができる還元率50%の返礼品「日本旅行ギフトカード」の登場です。ふるさと納税で旅行券を手にしたい方必見!2018年3月限定で神奈川県寒川町へ寄附をすれば、寄附金額の半額分に当たる「日本旅行ギフトカード」が貰えます。主に日本旅行の店舗で、国内旅行や海外旅行の予約決済時に使えます。還元率50%、利用期限なしですので高所得者(高額納税者)に最適です。

nippon-furusato.png

 条件は最高の旅行券ですが、国内・海外どこにでも行けるとあっては、もはや寒川町は全く関係がない気がしますが・・・笑。できれば寒川町にも訪れていただければと思います。ギフトカードは、ふるさと納税サイト「ふるなび」からの申し込み限定となっています。3月21日までの受付となりますが、早期終了の可能性もあるので、早めに申し込んでおきましょう。(2017年12月に岐阜県池田町が同様の返礼品を用意し、大人気でした。)

 ふるさと納税方法により期日などが設定されています。必ず、事前にお知らせを確認してください。

神奈川県寒川町への寄付

 さて、気になるギフトカードの利用方法ですが、日本旅行の店舗または電話予約で旅行を申し込みし、決済時に使うだけなので難しくありません。

対象旅行商品は、
・赤い風船(国内旅行)
・ベスト・マッハ(海外旅行)
・旅館・ホテルの宿泊券
・航空券(国内線・国際線)
・JR券(乗車券・特急券)

等に利用可能です。返礼品の発送が2018年3月以降順次となっているので、さっそくの旅行には残念ながら間に合いそうにありません。春以降の旅行にどうぞ。

ギフトカードへの申し込み

ギフトカード詳細

※日本旅行ホームページからのネット決済には利用できないので、ご注意ください。

posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月05日

ふるさと納税2018年 食事券で大阪・名古屋・東京の高級レストランへ行こう!ステーキ・ふぐコース

 2018年のふるさと納税でおすすめの返礼品を紹介します。前回の旅行券に引き続き、今回紹介するのは、高級料理店やレストランでステーキやふぐコース料理といった豪華なディナーなどが楽しめる体験型の返礼品「ふるなびグルメポイント」です。東京・神奈川・名古屋・大阪にある誰もが一度は行ってみたいと思うようなレストランや有名店に実質自己負担額2,000円で行けるのがふるさと納税の醍醐味です。「ふるさと納税=面倒くさい」と思っている方は、ぜひ初挑戦していただき、楽しさを知っていただければと思います。

 ふるなびグルメポイントは、関東だと都内か横浜などの東京・神奈川近隣地域にお住まいの方におすすめです。私は京都市在住ですが、大阪の枚方市にも対象店舗があるため利用しています。

【最新お得情報】2018年1月以降にふるなびグルメポイントを申し込むとAmazonギフトコード1%分還元キャンペーンを実施しています。ギフトコードで還元率が少しだけUP!!早期終了の可能性があるので、寄附はお早めに。

キャンペーンサイト

furunavi.png

 私自身、ふるさと納税は面倒なイメージがあったのですが、今では返戻品選びが楽しみの一つとなっています(^^♪。年々、返戻品の選択肢も増えて、今ではあらゆるものを手に入れることができるので、妻や子どもらへのプレゼント探しとなっています。昔は海産物や野菜・果物が中心でしたが、自分が料理をしないので今は、家族全員が楽しめる旅行券や食事券にシフトしています。

 ふるさと納税(寄付)は、好きな自治体へ寄付することで寄付金額の約3割にあたる「お礼の品(返礼品)」を貰えます。寄付した金額は、2,000円を除いてその年の所得税と翌年の住民税として控除されます。つまり、実質2,000円で返礼品を貰えるわけです。ふるさと納税をしなければその分を全て所得税として納税するだけです。「やれば必ず得をする制度」、これが「ふるさと納税」です。

furusato-tax_03.jpg
※ふるさと納税のイメージ図(楽天より)

>>>ふるさと納税の詳細

1.まずは、控除上限額を知ろう!

 お得になる寄付金額の範囲は、個人の年収や家族構成によって異なります。その金額以上を寄付しても還付されません。まずは自分の「控除上限額」を知ることが大切です。以下のサイトで控除上限額の確認ができます。細かく知りたければ詳細版を利用してください。

寄付上限額を計算(簡易型)

寄付上限額を計算(詳細版)


2.実際にふるさと納税をしてみよう!

omise_1.png

 では、実際にふるさと納税を行ってみましょう。「ふるなびグルメポイント」を貰うためには、ふるさと納税専門サイト「ふるなび」から申込みます。ふるなびは、株式会社アイモバイルが運営しているポータルサイトで、新聞や雑誌、テレビ番組などで多く紹介されています。

 「ふるなびグルメポイント」とは、自治体へ寄付したお礼(返礼品)に貰えるポイントです。ポイントはその自治体ゆかりの食材をつかったレストランなどで食事をした際の支払いに利用できます。いわば、電子マネーですね。ポイントを返礼品に選ぶメリットとしては、以下の点が挙げられます。

・素材を最大限に活かしたプロの味を楽しめる。
・還元率が高く、上限がない(寄付した金額の3割分のポイントが貰える)。
・ポイントは、即日発行。しかも有効期限なし。

 寄付はクレジットカードのみですが、ポイントは早ければ翌日には付与されます。お店の予約が取れれば、すぐにでもポイントの利用が可能です。ポイントに有効期限がないので、今すぐ使う必要がなく、後からゆっくりと使うことができます。年末の駆け込みふるさと納税にも便が良いですね。

omise_2.png

 利用方法は、以下のガイドに従えば数分で完了します。わからない場合は、電話をすればオペレーターの方が丁寧に答えてくれます。お店の予約も行ってくれるそうです。

>>>利用ガイドはこちら

 お店は、こちらより選択してください。ちなみに2017年12月現在、
・茨城県古河市(常陸牛)
・岐阜県池田町(飛騨牛)
・三重県明和町(松阪牛)
・滋賀県高島市(お酒 他)
・兵庫県洲本市(淡路島ビーフ、玉ねぎ、海鮮類)
・山口県山口市(下関ふぐ)
・高知県四万十町(うなぎ 他)
から選べます。

 おすすめの店舗を少し紹介しておきます。
・東京都 麻布十番にある鉄板焼きの名店
麻布十番 鉄板焼 嘉山

・愛知県栄駅にある洋の空間と和の空間の2つの顔を持つ鉄板焼き料理のお店
鉄板焼 集 錦店

・大阪府にある大正3年創業の老舗、松阪牛の名店
日本料理 すきやき 江戸菊

例えば明和町に申し込んでもらったポイントは、松阪牛の専門店でしか利用できませんのでご注意ください。どの自治体も3割分のポイントがもらえますので、自治体によって損得はありません。では、ゆっくりとお店選びをしてください。

◆さらに2018年1月は、Amazonギフトコード1%分還元キャンペーンにより還元率が少しUPしています。

キャンペーンサイト


>>>お店選びはこちら





posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする