2017年12月02日

ふるさと納税2017年 食事券で大阪・名古屋・東京の高級レストランへ行こう!ステーキ・ふぐコース

 2017年のふるさと納税でおすすめの返礼品を紹介します。前回の旅行券に引き続き、今回紹介するのは、高級料理店やレストランでステーキやふぐコース料理といった豪華なディナーなどが楽しめる体験型の返礼品「ふるなびグルメポイント」です。東京・神奈川・名古屋・大阪にある誰もが一度は行ってみたいと思うようなレストランや有名店に実質自己負担額2,000円で行けるのがふるさと納税の醍醐味です。「ふるさと納税=面倒くさい」と思っている方は、ぜひ初挑戦していただき、楽しさを知っていただければと思います。

 ふるなびグルメポイントは、関東だと都内か横浜などの東京・神奈川近隣地域にお住まいの方におすすめです。私は京都市在住ですが、大阪の枚方市にも対象店舗があるため利用しています。

【最新お得情報】2017年12月にふるなびグルメポイントを申し込むとAmazonギフトコード10%分還元キャンペーンを実施しています。グルメポイントとギフトコードで還元率が4割へUP!!早期終了の可能性があるので、寄附はお早めに。

キャンペーンサイト

furunavi.png

 私自身、ふるさと納税は面倒なイメージがあったのですが、今では返戻品選びが楽しみの一つとなっています(^^♪。年々、返戻品の選択肢も増えて、今ではあらゆるものを手に入れることができるので、妻や子どもらへのプレゼント探しとなっています。昔は海産物や野菜・果物が中心でしたが、自分が料理をしないので今は、家族全員が楽しめる旅行券や食事券にシフトしています。

 ふるさと納税(寄付)は、好きな自治体へ寄付することで寄付金額の約3割にあたる「お礼の品(返礼品)」を貰えます。寄付した金額は、2,000円を除いてその年の所得税と翌年の住民税として控除されます。つまり、実質2,000円で返礼品を貰えるわけです。ふるさと納税をしなければその分を全て所得税として納税するだけです。「やれば必ず得をする制度」、これが「ふるさと納税」です。

furusato-tax_03.jpg
※ふるさと納税のイメージ図(楽天より)

>>>ふるさと納税の詳細

1.まずは、控除上限額を知ろう!

 お得になる寄付金額の範囲は、個人の年収や家族構成によって異なります。その金額以上を寄付しても還付されません。まずは自分の「控除上限額」を知ることが大切です。以下のサイトで控除上限額の確認ができます。細かく知りたければ詳細版を利用してください。

寄付上限額を計算(簡易型)

寄付上限額を計算(詳細版)


2.実際にふるさと納税をしてみよう!

omise_1.png

 では、実際にふるさと納税を行ってみましょう。「ふるなびグルメポイント」を貰うためには、ふるさと納税専門サイト「ふるなび」から申込みます。ふるなびは、株式会社アイモバイルが運営しているポータルサイトで、新聞や雑誌、テレビ番組などで多く紹介されています。

 「ふるなびグルメポイント」とは、自治体へ寄付したお礼(返礼品)に貰えるポイントです。ポイントはその自治体ゆかりの食材をつかったレストランなどで食事をした際の支払いに利用できます。いわば、電子マネーですね。ポイントを返礼品に選ぶメリットとしては、以下の点が挙げられます。

・素材を最大限に活かしたプロの味を楽しめる。
・還元率が高く、上限がない(寄付した金額の3割分のポイントが貰える)。
・ポイントは、即日発行。しかも有効期限なし。

 寄付はクレジットカードのみですが、ポイントは早ければ翌日には付与されます。お店の予約が取れれば、すぐにでもポイントの利用が可能です。ポイントに有効期限がないので、今すぐ使う必要がなく、後からゆっくりと使うことができます。年末の駆け込みふるさと納税にも便が良いですね。

omise_2.png

 利用方法は、以下のガイドに従えば数分で完了します。わからない場合は、電話をすればオペレーターの方が丁寧に答えてくれます。お店の予約も行ってくれるそうです。

>>>利用ガイドはこちら

 お店は、こちらより選択してください。ちなみに2017年12月現在、
・茨城県古河市(常陸牛)
・岐阜県池田町(飛騨牛)
・三重県明和町(松阪牛)
・山口県山口市(下関ふぐ)
から選べます。

 おすすめの店舗を少し紹介しておきます。
・東京都 麻布十番にある鉄板焼きの名店
麻布十番 鉄板焼 嘉山

・愛知県栄駅にある洋の空間と和の空間の2つの顔を持つ鉄板焼き料理のお店
鉄板焼 集 錦店

・大阪府にある大正3年創業の老舗、松阪牛の名店
日本料理 すきやき 江戸菊

例えば明和町に申し込んでもらったポイントは、松阪牛の専門店でしか利用できませんのでご注意ください。どの自治体も3割分のポイントがもらえますので、自治体によって損得はありません。では、ゆっくりとお店選びをしてください。

◆さらに2017年12月は、Amazonギフトコード10%分還元キャンペーンにより還元率が4割へUPしています。

キャンペーンサイト


>>>お店選びはこちら





posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月30日

ふるさと納税 還元率の高い返礼品・自治体選びの必見サイト 2017年

 本日は、ふるさと納税をしている方、これからしてみたいなぁと思っている方、返礼品選びの際に必見のサイト(ブログ)を紹介します。地方創生をテーマに地方活性化を支援するサイト『まいふるさと.com』では、当サイトと同じ旅行情報以外にも「ふるさと納税」に関する情報を発信しています。還元率(返礼率)の高い自治体や返礼品、楽天ふるさと納税でポイント10倍以上を狙える時期とその方法、1万円の寄附でAmazonギフト券がぜったいに貰えるキャンペーン情報などお得な情報を多数掲載中!2017年もあとわずか、ぜひ今年のふるさと納税の際の参考にご利用ください。

my-furusato-pr.png

 ということで、紹介したサイトの筆者は私です(笑)。以前にも何度か提携サイトとして紹介したことがあります。昨年開設したまだ新しいサイトで、開設後しばらくは運営を他に任せていたのですが、今年春くらいから自分一人で書いています。ふるさと納税については、今年充実させて現在50以上の記事を掲載していますのでぜひ読んでいただければと思います。「地域のお得情報」であれば、ある程度自由に記事を書いているので、ソフトバンクやDeNAの優勝セールなども紹介しています。

 そちらのサイトに力を入れいていた分、本ブログの更新ペースが落ちてしまいましたが、合わせて頑張っていこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。当サイトをお気に入り登録してくださっている方はぜひ『まいふるさと.com』もご贔屓に。

まいふるさとコムの「ふるさと納税」特集ページへ





posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月29日

ふるさと納税 旅行券 2017年版 温泉総選挙の人気温泉地特集|人気おすすめ宿泊券

 2017年のふるさと納税で返礼品として旅行券(感謝券・宿泊券)を用意している自治体をランキング形式で紹介します。ランキングは、昨年開催された「温泉総選挙」でエントリーした1,434の温泉地の中から見事上位入賞した温泉を元にしました。白熱する自治体の返礼品競争に対して、2017年4月に総務省がついに「返礼品の還元率を寄付金額の3割以内」とするよう全国の自治体に通達することを決定しました。見直し後は、現在4〜5割ほどの還元率でもらえる旅行券も3割以下となりますので今年のふるさと納税は早めに行うことをおすすめします。

※本記事は、総務省による返礼品の還元率見直しのニュースを受け、昨年末に掲載した内容を2017年版に改訂しています。例えば10万円の寄付をした場合、3月時点で5万円分の旅行券を返礼品として受け取れる自治体も見直し後は3万円以下となる可能性が高いです。金券類は特に見直しが実施される前に入手しておくことをおすすめします。

草津町・中之条町は、返礼品の還元率が10月より、現行の5割から3割となります。

onsen_sousenkyo_1.png

 昨年、開催された「温泉総選挙」をご存知でしょうか?うるおい日本プロジェクトが主催(環境省と観光庁が後援)する選挙で、1,434の温泉地がエントリーし開催されました。泉質の効能や宿泊施設・商店街の取り組み、自治体主体のPR活動などを基準として、優れた温泉地が決定されます。2015年の全国的なふるさと旅行券ラッシュ、2016年の九州ふっこう割などがなくなった2017年は、ぜひふるさと納税でお得な旅行を計画してください。

 『温泉総選挙』は、2016年が初めての開催です。個人的には、某アイドルグループの総選挙より何十倍も気になる選挙でした(^^♪。各賞は8部門からなる部門賞と8部門のメディア賞が用意されていて、部門賞受賞の温泉地の中から「環境大臣賞」が選出されます。栄えある第1回環境大臣賞は、島根県松江市の玉造温泉でした!!今回は、選考委員会による選出でしたが、2017年は国民投票も行うそうです。ん?何かに似てきた気が・・・

 ふるさと納税は、詳しく書きませんがざっくり言えば、ふるさと納税(寄付)したら自治体からお礼の品(返戻品)が貰えますよ。寄付したお金の大半は、年末調整の所得税と来年の住民税で還元しますよという制度です。うまくやれば2,000円で特産品や旅行券(感謝券)がいただけます。高収入になればなるほど、やらなきゃ損する制度ですが、面倒くさいイメージがあるのか納税者の1割程度の方しかやっていないそうです。私も毎年やっていますが、返戻品を選ぶのは楽しいです。たくさんの中から選ぶのが面倒だという方は、米にでもしておけば良いかと思います。必ず食べますし、長持ちします(^^♪食べ物が嫌なら、旅行券や食事券がおすすめです。

 ランキングは、リフレッシュ部門より紹介します。温泉紹介は、「温泉総選挙」のサイトや温泉地の公式サイトでご確認ください。

onsen_rank.png

1位 群馬県利根郡みなかみ町 みなかみ18湯
takaragawa.png
 宝川温泉や法師温泉など名湯がずらり。見事1位に輝いたみなかみ町では、寄附金額の半額分のふるさと納税感謝券「みなかみハピネスチケット」がもらえます。

>>>群馬県みなかみ町へふるさと納税


2位 鹿児島県霧島市 霧島温泉
kirishima.png
 鹿児島といえばこの温泉を挙げる方が多いのではないでしょうか。ホテルや旅館ごとの宿泊券があります。

>>>鹿児島県霧島市へのふるさと納税


3位 大分県別府市 別府八湯
beppu.png
 大分より湯布院と並ぶ別府温泉が入賞です。

>>>大分県別府市へのふるさと納税


4位 群馬県吾妻郡中之条町 四万温泉
shima.png
 湯治場として注目を集めています。ジブリ作品『千と千尋の神隠し』のモデルになった温泉宿、「積善館本館」があります。

 中之条町へ寄付をすると半額相当の旅行券(感謝券)とおまけに「地元の特産品」がついてきます。
 返礼品の見直しにより、2017年10月以降は、3割相当の旅行券のみとなる予定です。詳しくはこちらの記事にて紹介しています。

>>>群馬県吾妻郡中之条町へのふるさと納税


5位 長野県松本市 白骨温泉
shirahone.png
 市内22の公共施設が入場無料となる「公共施設ご招待券」が返戻品として準備されています。招待券が利用できる白骨温泉公共野天風呂は、残念ながら平成30年3月まで休業中となっています。

>>>長野県松本市へのふるさと納税


 群馬県より見事2つの温泉地が入賞しました。あれ?草津温泉は??と思った方もいるかと思いますが、こちらは「ファミリー部門」の第1位に輝いています。草津町への寄付で、寄付金額の半額分の感謝券「くさつ温泉感謝券」がもらえます。

 こちらも返礼品の見直しにより、2017年10月以降は、返礼率5割から3割へ見直しです。
>>>群馬県吾妻郡草津町へのふるさと納税

 CMでもお馴染み「さとふる」でも温泉地特集を掲載していますので、合わせてチェックしてください。
全国の人気温泉特集ページ


 「寄付金控除」が最大限に適用される寄付金の控除上限額は、年収や家族構成、お住いの地域などによって異なります。詳しくシュミレーションしたい場合は、以下のサイトをご利用ください。

>>>控除上限額のシュミレーションを行う

 温泉総選挙の詳細は、公式サイトでどうぞ。温泉地名をクリックすると自治体の観光サイトへジャンプできるので便利ですよ。

>>>温泉総選挙2016 公式サイト

 ふるさと納税 沖縄県特集も掲載しました。

>>>沖縄県の特集ページはこちら


■□■ おまけ ふるなびグルメポイント ■□■
 上記でリンクしているふるさと納税のポータルサイト「ふるなび」では、ふるさと納税をすることで高級レストランでの食事に利用できる「ふるなびグルメポイント」がもらえる自治体があります。松阪牛専門店などで豪華な食事が楽しめるので旅行券と同様、おすすめの返戻品です。

>>>詳しくはこちらの記事へ




温泉総選挙2017については、こちらの記事へ
onsen-2017-bn.png
>>詳細記事はバナークリック<<


 当サイトと相互協力中のまいふるさと.comでは、ふるさと納税(特に旅行券や食事券)を体験記も交えて特集されています。

(外部サイト)まいふるさと.comの特集ページへ
my-furusato.png



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月18日

ふるさと納税で日本旅行の企画プランを予約。おすすめ!ふるなびトラベルポイント

 株式会社アイモバイルが運営するふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」は、日本旅行と業務提携し、日本旅行が企画した宿泊プランを返礼品とするサービス「ふるなびトラベル」を2017年10月17日に開始しました。同サービスに参加する自治体に寄附することで、ふるなびトラベルポイントが貰え、後日その自治体への旅行商品にポイントを使って申し込みができます。

◆開始時点の提携先自治体
山梨県 富士吉田市/山中湖村/富士河口湖町
長野県 飯山市/長野県小谷村
岐阜県 池田町
三重県 明和町
山口県 山口市

furunavi-nihon.png

 ふるなびから「ふるなびグルメポイント」に引き続き、体験型のふるさと納税サービスです。「ふるなびトラベル」は、提携する自治体へ寄附をすると寄附金額の3割にあたる「ふるなびトラベルポイント」が貰えます。寄附金額は最低20,000円からの受付で、貰ったポイントを利用して寄付した自治体への旅行プランに申し込みます。ポイントに有効期限がないので、年末の駆け込み寄附にも有効ですね。

ふるなびトラベルポイントへの申し込み


 例えば山梨県山中湖村の宿泊プランで予約可能な「ホテルマウント富士」は、眼前は富士山、眼下には山中湖が一望でき、大自然の中の散策やバードウォッチングを体験できます。夕食には、地元の食材を生かしたフランス料理や和食会席料理などが楽しめます。

 その他にも地元の観光施設を楽しんだり、特産品をお土産にしたその地域ならではの旅行プランを日本旅行が企画しています。自治体の中には、トラベルポイント以外にも現地で楽しめる食事券や施設利用券などを返礼品としている場合があるので、あわせてチェックしておきましょう。

ふるさと納税サイト「ふるなび」

ふるなびトラベル



 現地のレジャー予約は、じゃらんからの予約がお得です。
じゃらんの遊び・体験予約(割引クーポンあり)

 レンタカー予約も割引。
レンタカー予約(割引クーポンあり)



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月13日

鳥羽市 ふるさと納税感謝優待券のお得な利用方法!楽天トラベルキャンペーン

 楽天トラベルにて『ふるさと納税×クーポンでお得にめぐる鳥羽』キャンペーンが始まりましたので、鳥羽市の人気返礼品「ふるさと納税感謝優待券」(旅行券)を紹介します。同感謝優待券は、鳥羽市内のホテルや旅館の宿泊代の支払いや、国内最大級の鳥羽水族館、真珠の養殖で有名なミキモト真珠島などの観光施設、食事処や土産店、レンタカー、ガソリンスタンドでの支払いなどに使えるおすすめの返礼品です。楽天トラベルでは、感謝優待券を利用して鳥羽市を訪れる観光客がさらにお得に鳥羽観光を楽しめることを目的に、市内の宿泊施設に利用可能な2,000円分の割引クーポンを配布しています。

furusato-tobashi.png

 ふるさと納税感謝優待券は、10,000円以上の寄附から選択できる返礼品で、2017年9月時点での返礼率(還元率)は30%となっています。10,000円の寄附なら3,000円分ですね。寄附金額の上限はないので、高額納税者にもおすすめですが、有効期限が「発行日より1年間」となっていますのでご注意ください。

 返礼品は、伊勢海老やあわびといった海産物や真珠を使用した装飾品、松阪牛と充実しています。

鳥羽市のふるさと納税特設サイト


 楽天トラベルで配布されているクーポンは、2017年11月30日までの宿泊に利用可能です。クーポンを利用して予約した宿泊施設の精算に、感謝優待券を使いたい場合は、必ず「現地払い」で予約してください。

furusato-tobashi1.png

◆ふるさと納税×クーポンでお得にめぐる鳥羽

【割引額等】
 20,000円以上の予約に使える2,000円割引クーポン

【予約対象期間】
 2017年9月11日(月)〜10月10日(火)9:59まで
 ※先着400枚限定。なくなり次第、終了。

【宿泊対象期間】
 2017年9月11日(月)チェックイン〜11月30日(木)チェックアウト分まで

 その他、詳細は以下のサイトでご確認ください。観光情報も合わせてどうぞ。

楽天トラベル キャンペーンサイト



posted by 誠太郎 at 00:00 | Comment(0) | ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする